Archive List for 現役大家さんの火災保険の活用事例(2 / 2Page)

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!

不動産投資とセミナー 不動産投資とリスク 現役大家さんの火災保険の活用事例

さて今回は大阪府内に物件を所有されている大家さん(男性)から、火災保険を上手に活用された不動産投資の体験談をお寄せ頂く事ができました。 常日頃から不動産投資に関わる情報収集を怠ることなく活動されてきた結果として、素晴らしい成果を手にされています。 当ブログのアフィリエイトとして掲載している火災保険の活用法ともリンクするお話しですので、是非ともチェックしてくださいね。 火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事 ペンネーム:exceateさん(大阪府・男性)   所有する不動産物件は購入した時点で築20年の中古物件です。 あまりメンテナンスが施されてなく、徐々に手を加えていきながら、再生していきました。 その途上でのことですが、購入2年目の時に台風による強風に見舞われ、建物の一部損傷に見舞われました。 具体的には階段屋根がめくり上がり、一部が吹き飛ばされていました。 補修工事もするにしても足場を設置しなければならず、思ったよりも大掛かりな工事になりそうでした。 突然の補修工事が必要となり、どう資金を捻出したらよいのか考えあぐねていました。 不動産投資と火災保険について勉強会で学ぶ その当時、毎月開催される大家の勉強会に参加していました。タイミングよく火災保険の活用法がテーマであったこともあり、今回の補修工事が対象にならないものかどうか、真剣に講師の話に耳を傾けていました。 すると、突発的な出来事で損傷が生じ、補修工事の見積内容が妥当と保険会社が判断できれば、火災保険の対象になることが判明しました。   早速、火災保険の対象になるために、検討を始めました。 先ずは補修工事の見積を作成しないといけません。 業者の選定をするにあたり、これもタイミングが良かったのですが、「賃貸住宅フェア」に参加しました。その時に、説明を受けたA社の展示内容が気に入り、今回の補修工事の内容を説明し、協力をしていただくこととなりました。 すると、屋根の補修工事だけをした見積額と、外壁塗装工事も合わせた見積額とを比較してさほど金額的に大きな差が生じないことの説明を受けました。 あとは、保険会社の査定人が現場確認をして、どこまでが火災保険の対象になるかを見極める作業がありますが、そこで外壁塗装工事まで認めていただく仕掛けが必要になります。 業者Aに現場確認を念入りにしていただきましたところ、屋根がめくり上がり、一部が飛ばされてしまったことに伴う外壁の損傷、傷が数か所発見されました。これを現場にて強調すれば、階段屋根補修工事だけでなく、外壁塗装工事も保険対象に出来るのではないかとのアドバイスを受けました。 そうすることで、方針が固まり、保険会社の現場査定に臨みました。段取り通りに業者Aが現地説明を行い、保険会社の査定人の了解を取り付けることに成功しました。 保険金額は見積額以上の金額に!! 保険会社が業者Aの見積額を基にして保険金額の算出を行いました。すると、見積額に見舞金と称する金額が上乗せされて保険金額が出ることとなりました。結果として、儲けてしまうこととなりました。 今回の件で、火災保険は調べてみれば、意外と出るものであるという事に気づかされました。 これをきっかけに火災保険を深堀してみたいと思います。   無料で投資・金融情報を配信中! 台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について  

地震保険・火災保険の有効活用方法!不動産オーナー必見!

ゼロから資産構築 不動産投資とセミナー 不動産投資とリスク 不動産投資と利回り 不動産投資と失敗 不動産投資と節税 現役大家さんの地震保険の活用事例 現役大家さんの火災保険の活用事例

地震保険・火災保険と有効活用! 知っているか知らないかで大違い! さて、今回は、ゼロから資産を構築する方法としての、地震保険や火災保険の活用方法をご紹介しますね★(ザックリした説明はこちら) 2018年より国が耐震のお見舞い金の予算を12兆円に設定したことにより、ご加入されている地震保険の建物、家財の金額に応じての見舞金が貰えるようになっています。50万円以上の見舞金が出ることも珍しくありません。 ■対象となる方 1.ご自宅(一軒家)、アパート1棟、マンション1棟を所有されている方 (区分所有者は対象外です) 2.地震保険ご加入の方 (火災保険も可能) 調査、保険審査含め全て無料です。完全成果報酬制。 リスクなしで貰えるお金で、見舞金なので完全非課税。保険料も上がりません。 ■対応地域 九州全域、山口、広島、関西全域、関東全域、仙台がメインの対応地域ですが、地震保管・火災保険の契約内容によってはこの他の地域も対象となりますので、下記フォームからお気軽に申請下さい(手元に保険証券を準備すると申請がスムーズです)。 ■申請までの流れ 完全成果報酬制なので、無料にて申請可能です。 申請フォーム入力後、協会から都合の合う日程調整での電話が来ます。 ▼▼ 日付を合わせて調査員と30分から1時間立会いしてください。 ▼▼ 事故調査報告書が届き次第、保険会社指定の鑑定人と立会い、認定されれば1週間〜1ヶ月程度で入金となります。 ▼▼ 入金後に所定の手数料を協会へ支払う。完全成果報酬。(認定されず入金が無い場合は支払う必要がありません)   〉〉〉申請フォーム〈〈〈   【資料1】   【資料2】   〉〉〉申請フォーム〈〈〈   ■よくある質問   〉〉〉申請フォーム〈〈〈   無料で投資・金融情報を配信中! 台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について  

地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると

ゼロから資産構築 現役大家さんの地震保険の活用事例 現役大家さんの火災保険の活用事例

さて、元手ゼロから効率よく資金を殖やす方法という事で、地震保険や火災保険の活用法をザックリと説明します。   地震保険や火災保険の細かいことは契約内容や物件で色々と違うけれども。   ザックリと理解して貰うための文章なので、そこだけ理解してくださいね。 そもそもの話、 払う保険料と受け取る保険料ってどっちが多い方がいいですか? って事なんですよね。   地震保険や火災保険に入れば、月々にいくらか支払いをしているはずですよね。 契約内容や加入している物件によって、様々でしょうから、そこは凄くザックリとした説明になるんですけれども、10年で約30万円を払っているとしましょう。 平均的なサラリーマンの1~2ヶ月の給料手取り分くらいの金額になるんですね。結構払っているんですね。   さてさて、10年で約30万円を支払っているわけですから、それだったら、受け取るときは30万円以上は欲しいじゃないですか。 払った保険料よりも、受け取れる金額が多くなるんですから。そっちの方が嬉しいですよね笑?   ん?・・ちょっと待てよ!   と思った、あなた!! なんか、こころに引っかかりがありますか?   保険会社からお金を貰うということは、何かあったときでは無いか!! しかも、それは良くないことではないのか!!!!   そう思いますよね笑   特に、火災保険だったら、家がボンボン燃えちゃった!!から、保険金がおりるんじゃないのかーーって。   はい、確かにそうですね。 家が火災になったら保険金を貰うわけです。   でもですね、火災保険は、実は火災以外にも使えたりするんです。 火災保険のことは、最近では住宅総合保険という名称だったりもするのですが、 台風や、落雷、ヒョウとかでも使えるんです。   台風でエアコンの室外機が壊れた。。 ヒョウで氷がふってきたから屋根が壊れた。。 雷で、インターホンや冷蔵庫が壊れた。。。。。   もちろん、くどいようですが、契約内容によるところもあるんですけれども、そういったいわゆる『風災(ふうさい)』にも使えるんですね。ザックリとした話。   家を建てたり、購入すると、皆さん、地震保険や火災保険に気楽に入ります。業者にすすめられるままの保険に入る人も一杯います。 でも、そういった業者は、保険に入るまでは親身になってくれますが、保険に入ったら『ハイ!さようなら』なんですね。 その保険の活用方法なんて教えてくれません。残念ながら。   しかも、加入した側も(これを読んでいるあなたです笑)、活用方法があるなんて事を思いつく人があんまりいないんですよね。 なので、活用方法を知っているところに依頼をして、プロ(協会)の力を借りた上で保険金を手元に戻そうというわけです。(給付金・お見舞い金)   どうやって手続きするの? 幾らぐらい戻るの? 誰でも申し込めるの? ザックリした手続きの説明 申請フォーム入力後、数日以内に協会から都合の合う日程調整での電話が来ます。 ▼▼ 日付を合わせて調査員と30分から1時間立会いしてください。 ▼▼ 事故調査報告書が届き次第、今度は、保険会社指定の鑑定人と立会い、認定されれば1週間〜1ヶ月程度で入金となります。 […]

地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると

ゼロから資産構築 現役大家さんの地震保険の活用事例 現役大家さんの火災保険の活用事例

さて、この記事では、地震保険や火災保険の活用法をザックリと説明します。 細かいことは契約内容や物件で色々と違うけれども。   ザックリと理解して貰うための文章なので、そこだけ理解してくださいね。 そもそもの話、 払う保険料と受け取る保険料ってどっちが多い方がいいですか? って事なんですよね。   地震保険や火災保険に入れば、月々にいくらか支払いをしているはずですよね。 契約内容や加入している物件によって、様々でしょうから、そこは凄くザックリとした説明になるんですけれども、10年で約30万円を払っているとしましょう。 平均的なサラリーマンの1~2ヶ月の給料手取り分くらいの金額になるんですね。結構払っているんですね。   さてさて、10年で約30万円を支払っているわけですから、それだったら、受け取るときは30万円以上は欲しいじゃないですか。 払った保険料よりも、受け取れる金額が多くなるんですから。そっちの方が嬉しいですよね笑?   ん?・・ちょっと待てよ!   と思った、あなた!! なんか、こころに引っかかりがありますか?   保険会社からお金を貰うということは、何かあったときでは無いか!! しかも、それは良くないことではないのか!!!!   そう思いますよね笑   特に、火災保険だったら、家がボンボン燃えちゃった!!から、保険金がおりるんじゃないのかーーって。   はい、確かにそうですね。 家が火災になったら保険金を貰うわけです。   でもですね、火災保険は、実は火災以外にも使えたりするんです。 火災保険のことは、最近では住宅総合保険という名称だったりもするのですが、 台風や、落雷、ヒョウとかでも使えるんです。   台風でエアコンの室外機が壊れた。。 ヒョウで氷がふってきたから屋根が壊れた。。 雷で、インターホンや冷蔵庫が壊れた。。。。。   もちろん、くどいようですが、契約内容によるところもあるんですけれども、そういったいわゆる『風災(ふうさい)』にも使えるんですね。ザックリとした話。   家を建てたり、購入すると、皆さん、地震保険や火災保険に気楽に入ります。業者にすすめられるままの保険に入る人も一杯います。 でも、そういった業者は、保険に入るまでは親身になってくれますが、保険に入ったら『ハイ!さようなら』なんですね。 その保険の活用方法なんて教えてくれません。残念ながら。   しかも、加入した側も(これを読んでいるあなたです笑)、活用方法があるなんて事を思いつく人があんまりいないんですよね。 なので、活用方法を知っているところに依頼をして、プロ(協会)の力を借りた上で保険金を手元に戻そうというわけです。(給付金・お見舞い金)   どうやって手続きするの? 幾らぐらい戻るの? 誰でも申し込めるの? ザックリした手続きの説明 申請フォーム入力後、数日以内に協会から都合の合う日程調整での電話が来ます。 ▼▼ 日付を合わせて調査員と30分から1時間立会いしてください。 ▼▼ 事故調査報告書が届き次第、今度は、保険会社指定の鑑定人と立会い、認定されれば1週間〜1ヶ月程度で入金となります。 ▼▼ […]

To the top