Archive List for FXとリスク(3 / 10Page)

株、仮想通貨、FXなどの投資と資金繰りについて6 株主優待目的の株式投資

FXとリスク ゼロから資産構築 不動産投資とリスク 投資と資金繰り 金融投資とリスク

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。   本気の人間しかFXでは勝てない 女性・40代・FX投資 資金繰りは、少ない金額で、多額の、投資ができる方法をえらびました、株式はむずかしいですが、FXなら、可能です。 海外のFX会社なら、1000倍ぐらいの取引きが可能だからです。私はタイタンの500倍まで可能なやつをつかっていました、 実際につかっていた、レバレッジは100倍です。このレバレッジで投資資金30万円ほどで投資をやっていました、、30万通貨ぐらいをかっていました、もっと、投資することも可能でしたが、ロスカットの範囲が極端に低くなってしまうので、このぐらいにしておきました、日本の業者は、25倍までですから、その数倍の取引きが可能な、海外FXは、投資資金をふやすという意味ではつかえるとおもいます。 もちろん損もそれだけ大きくなりますが、一番重要なことは、勝てる手法をもっているか、考えてあるかだとおもいます。 当然、最初は、デモでやりますが、実践だと負けちゃう人もおおいですが、デモで勝てないものは、実践でもかてません、まずはデモからやるのが、資金を減らさないための、資金繰りといえるのではないでしょうか、また、勝てる手法さえあれば、資金繰りは、トントン拍子にふえます。 複利でふえていくわけですから、最低限、投資できる資金を用意して、極限の情報収集をして手法をあみだして、資金は勝って、複利で増やすんだ、ぐらいの気持ちがないと、投資ではかてないきがします。   FXでのスワップ運用 女性・30代・FX投資 私は会社に勤めていますので、毎月振り込まれる給料のうち、1割を元本保証の貯金、1割を投資用のお金として蓄えるようにしています。 投資はやはり損をすることもありますので、万が一全部なくなったとしても問題ない程度の割合に抑えるようにしています。 FXの場合は、レバレッジを掛けて、持っている金額の何倍もの投資ができますが、レバレッジを掛けすぎるとロスカットされる危険性も非常に高くなるので、慣れるまではあまり高倍率にしない方が良いと思います。 実際私は、最高倍率で短期売買をしていたのですが、読みが外れて損失を出してしまい、それ以降は低いレバレッジでスワップ運用をしています。 スワップ運用は、高金利のメキシコペソや南アフリカランド通貨で行っています。短期的な為替の変動を気にする必要がないので、メンタル面でも私はこちらの方が向いていました。 FXは、レバレッジを高くすればハイリスクですが、低レバレッジで長期保有を前提にすれば、比較的ローリスクミドルリターンが可能だと思います。 また、FXで少しずつ増やした資金を使って、株式投資も始めました。株主優待目当てで日本の株を買うことも多いですが、近年日本の経済成長は芳しくないため、主に米国株や新興国株を持つようにしています。     仮想通貨アービトラージのメリット・デメリット 男性・20代・仮想通貨投資 私が経験したのは、BTCとETHを使ったアービトラージです。 結果から申し上げますと、かけた時間に対して、利益はほとんど出ませんでした。 しかし、非常に勉強になったため、これから仮想通貨、特にアービトラージに取り組もうとしている方たちの何らかの役に立てばと思い、結果に対する理由と自分なりの考察を交えて共有しようかと思います。 まず、利益がほとんど出なかったことについてですが、一つ明確な理由があります。 それは、「投資」という視点から見た時、資金があまりに少なかったことです。 ご存知の方も多いかと思いますが、アービトラージはリスクをかなり抑えた手法です。しかしその分、一度に得られる利益も少ない。軍資金が少なければなおさらです。 さらに、アービトラージを成立させるためには、ある一定のタイミングを狙って取引をしなければなりません。 ツールを利用していたため、そのタイミングを明確に知る手段はありましたが、PCまたはスマホの画面をじっと眺めていないと、そのタイミングを逃してしまうことになります。 そのツールには自動取引機能もついてはいましたが、通常のトレードとは違いタイミングがシビアなこともあってか、精度はまちまち。 結局手動でやった方が安心感と納得感もあるだろう、と取り組むわけですが、いかんせん非効率過ぎます。作業中は、他のことをしようにもできないわけですから。 以上を理由に、私はアービトラージをやることをやめました。 逆に、以上の理由が解決できるのであれば、これ以上安心で確実な仮想通貨取引はないと思います。 ・動かせる資金がそれなりにたくさんあること ・精度の高い自動取引ツールを持っていること(知っていること) この2つを確実に解決できれば、あとは取引する通貨の価値の変動を考慮して選定、それこそ寝ている間に利益を生むことができる仕組みの完成ですね。 良いところ、悪いところを書きましたが一度チャレンジしてみるのが、実感を得る一番の手段かと私は考えています。   千里の道も一歩から 男性・40代・仮想通貨投資 当初はファクトム(FCT)の名前につられて、bitcoinが、がんがんに値段が上がったときに買ってしまったため、今現在このコインについては¥8000以上のマイナスになるので、まだ売ってはいない。 その頃、まだbitcoinの値動きが激しかったので、80万弱の頃に当初2万位からbitcoinを買い始める。そこではトータル4万くらいのプラスになっており、その後、トータル1bitcoin(80万弱)を購入。今現在、まだマイナスなので、売れてはいない。 そこで、今回手をつけ始めたのがリップル(XRP)である。これは、単価は小さいが、それなりに動いてくれるので、まずは様子見で2万を入れてみた。これは正直、小額での購入だと、儲けはほとんど出ないと思う。 そのため、今現在、リップルでの儲けは700円ほど。最近、値動きが大きくなってきているので、bitcoinが上がり、プラスに転じてくれることを期待している。また、それにつられて、ファクトム、リップルについても、プラスになってくれることを望んでいる。 bitcoinは、色々なサイトで、少しずつくれるところもあるので、それでベースを増やし始めている。実際に買うより、増える量は少ないが。ただ、それによることでの、売値、儲けへの影響も少なからず有ると思う。     株主優待目的の株式投資 男性・30代・株式投資 株式投資は投資の勉強として始め、30万円の貯金の資産運用として行いました。 実際の株式投資では利回りや運用益よりも株主優待を目的に投資し、10万から20万円程度で優待が受けられる食品や大手スーパー、ファッション関係の企業に投資しています。 得られた株主優待では、買い物時の割引券や実際に販売している自社製品の詰め合わせなどが得られ、年1回程度で利回りよりも高い金額分が得られています。 […]

株、仮想通貨、FXなどの投資と資金繰りについて8 サラリーマン投資家としての資産形成

FXとリスク ゼロから資産構築 不動産投資と資金繰り 投資と資金繰り 金融投資とリスク

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。   私の株式投資 男性・50代・株式投資 株に投資を始めて10年以上経過しますが、当初は自分の思い込みで会社の将来性を思案し、投資していました。しかし、思うような成果は出ませんでした。 現在では金券を中心とした株主優待と配当に着目した投資をしています。 株式投資の資金繰りは3段階に分かれます。まず、最初はサラリーマンだった頃の当初はボーナスを資金源に投資先を決めていました。 ということは、ボーナスに合わせて買える銘柄を半年かけて選び投資していました。 そのうち、配当は全部投資に回し、併せて年間を通じて買いの指し値を過去1年1回程度の変動幅で指値をして、取引の回数を減らしました。 この頃は仕事の関係で、じっくりと株価の分析ができなかったので1年間の株価動向を見ながら概略指値を決めるものでした。 1回の投資額は50万円以下に抑え、売買回数が少なかったことから資金は給料で間に合いました。 現在は、サラリーマンを退職し収入が激減したことから、買いたい銘柄と売りたい銘柄の候補を選び、市場動向を見ながら売買額の均衡を保ちながら売買しています。   売りの候補になるのが、 1.配当異動により配当利回りが低くなった、 2.株式分割により株主優待が拡充されて分割分を手放しても株主優待が確保される、 3.株主優待を取りやめたことがあげられます。   最近の運用成績は、昨年12月から下降線をたどっており、6か月で5%程度落ち込んでいます。   サラリーマン投資家としての資産形成 男性・30代・株式投資 投資方法は2つに分けています。 1つ目は、デイトレードのように薄利多売で利益を上げていく方法。 2つ目は、数年単位の長期投資でFXであればスワップポイント、株であれば長期的な価格上昇を狙いその間は配当金や株主優待を受け取ることを目的としたものです。 最初の頃は、デイトレード中心でしたが、サラリーマンの副業では利益を出し続けるのが難しく、結果的に長期的な投資の方が確実に利益が積みあがっていくので、現在は、長期投資を中心に資金を投入しています。 資金繰りについては、夏と冬のボーナスのときに定期預金のような感覚で資金を投入します。 FXについては、相場が荒れたときには、ロスカット回避のために一時的に定期預金から資金を投入することもあります。 しかし、株の場合は倒産や上場廃止のリスクがあり価格が二度と戻らないこともあるため、定期預金からの追加投入はしません。 FXはオーストラリアドルとトルコリラの買いが中心です。マネースクウェアのトラリピを利用しています。 株は、電力会社や鉄道のような銘柄が中心です。 年に数回おとずれる大きく下がるタイミングで買い、ある程度、利益が出たタイミングで売却します。トルコリラは買うだけで、売却はしません。 従って、トレードは、年に数回買い増しをしますが、売却はまったくしない年もあります。 これだけでも、年率換算で10%以上の利益を確保することが可能です。 独立して専業になるのは難しいですが、サラリーマンの副業として資産形成の手段としては十分な利益を確保することができます。     堅実は仮想通貨投資を目指して 男性・30代・仮想通貨投資 2017年の6月からビットコインに投資しています。 基本的にどこの仮想通貨取引所で取り扱い、さらに投資人口も最も多いので、世界的な動向や投資家の体験談といった情報が得やすかったから投資しやすいと思い、投資の勉強の一環として始めました。   投資方法に関しては、最初に入金した10万円と毎月1000円程度を積み立てにて購入しています。 積み立て分は基本的に売買を行っていませんが、最初の入金10万円は積極的に売買を行っています。 レバレッジはビットコインの価格変動が激しいので、2倍までとあらかじめルールを決め、基本的に10パーセント以上の利益が出たら日本円に換金するようにしています。 テレビや雑誌などで見るような億り人のような大きな利益は出ていませんが、リスクを抑えた投資方法を行っているので、確実に利益を得ることができています。 実際に日本円への為替利益は10万円程度となっています。   そして、投資の際に多くの人が利用している自動売買ツールは使用していません。 理由は、仮想通貨を始めたのは投資の勉強なので、大きな利益よりも投資の流れや経済について勉強したかったから実際に自分の力で売買を行いたいと考えました。 また、取引に利用したのも基本的にはパソコンで行い、為替動向や情報についてはシマホでの利用をメインにしていました。   仮想通貨という金融革命 男性・40代・仮想通貨投資 今私は、仮想通貨の主にFXや現物取引を行っています。 […]

株、仮想通貨、FXなどの投資と資金繰りについて5 コインチェックの流出事件ですべてを失う覚悟まで!!

FXとリスク ゼロから資産構築 不動産投資とリスク 投資と資金繰り 金融投資とリスク

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。   衰退が予想される国内株には手を出さない!! 男性・30代・株式投資 積立NISAの口座を作り、これまで給料から銀行に毎月6万円定期預金していたうちの3万円分を全額積立NISAへ回しました。 私自身まだ若いので積極的に行きたいと考え、債権は購入せずすべて株式ETFへ投資しています。 これから日本はどんどん衰退して行くと考えているので、国内株には一切投資せず成長著しいアメリカ株を中心に考えています。 具体的に購入している銘柄は ・全アメリカ株式に連動するETF(楽天VTI) ・S&P500に連動するETF ・全世界経済に連動するETF(楽天VT) ・ダウ工業株に連動するETF これらの商品を毎月同じ額購入し、どのパフォーマンスが一番優れていたのかを20年後に答え合わせしたいと思っています。 個人的にはアメリカS&P500が一番成長すると予想していますが、どの商品もきっと大きく間違えることはないでしょう。 さらにこれらの金融商品を楽天カードで購入すると、1%のポイントが入ります。 金額で見れば年間4千円と大した額のポイントにはなりませんが、投資で必ず1%のリターンがあると思えば素晴らしい事だと思います。 この4千円をさらに投資に投入し、長い目で見て少しでもリターンを大きくできればと考えています。 さらにイデコを利用し、節税効果を最大限に享受しています。 掛け金が毎月1万2千円だけですから大した節税にはなりませんが、それでも年末になれば3万円程度戻ってきます。 戻ってきた3万円もさらに投資商品につぎ込み、無駄のない運用を心がけています。   安易な投資手法が反省点 男性・50代・株式投資・FX投資 私は、株式投資(投資信託)とFX取引を行いました。 投資信託はインデックスファンドを総額で15万円ほど購入し、FXの方はドル円取引を行いました。 投資信託ではプラスで1万円ほどの利益を達成しましたが、逆にFXは取引総額で1万円程度のマイナスになっているため、利益としてはプラスもマイナスもない状態です。 但し、FXの資金繰りとして「キャッシュバックキャンペーン」を利用しました。 初めての口座開設で一定の取引量を行うと、高額のキャッシュバックを行っているFX業者があります。 そういったものを利用しましたので、キャッシュバック分を加えると、厳密に言えば額としてはプラスです。 FXの取引金額が少ないことや、ドル円の取引でスプレッドが狭いこともあって、金額的にはそこまで損失をしていません。 しかし、ポンド円など他の通貨で取引したこともあり、これはスプレッドが広いため大きくマイナスになりました。 FX会社のキャッシュバックキャンペーンは各社が行っており、最初の投資資金として利用するのにとても便利です。 1000通貨から取引できる業者も多いので、その場合は証拠金自体も少ない額で済みます。 私はリスクを警戒して1000通貨の取引を中心に行ったため、損失を出したものの膨れ上がることはありませんでした。 ただ、デモトレードのように練習をせず、最初から実際のお金で取引をしたため、勉強不足で安易な取引をしてしまったという反省があります。   少額の仮想通貨投資を実践中 男性・30代・仮想通貨投資 ZaifやNEM・BTCなどに資金を分散させて投資をする方法で、資金については毎月に2万円をさらに追加して投資をしています。 利益を元手に投資をする方式ではなく、利益とは別に資金を追加して投資をする方法ですので、投資というよりかは増資になります。 資金繰りは自分のお給料から少しずつ投資をするスタイルで、利益はすずめの涙程度です。 話題にならないような会社すら分からないような仮想通貨にはあまり投資はせず、あくまでも情報を共有できる掲示板などで紹介されている企業に狙いを定めて購入をしているといった感じで、よく分からない企業には一切投資をしていないです。 自動売買ツールなどは使用せず、堅実にコツコツと積み立てていく感じですので、損をすることも無ければ得をしているという実感もあまり無いですが、確実に資産は増えてはいます。 ただ、やはり小額でも手数料などがありますので手数料が無い仮想通貨の取引所を利用するなど工夫することで利益を少しずつ出しているといった感じです。 大きく出て利益を上げようとするのではなく小額で投資をして利益が出ればそれでよし、そうでないならしばらくは様子見といった具合の投資で長期にわたる投資をしているという感じです。   コインチェックの流出事件ですべてを失う覚悟まで!! 男性・30代・仮想通貨投資 私は2017年秋にコインチェックを利用してビットコインを購入し、仮想通貨取引を始めました。 始めのうちは価格の上下動に合わせてこまめに売買を繰り返し利ザヤをゲットするというやり方をしていましたが、売買手数料が割高だったのでバイ&ホールドに手法を変えました。2017年末ビットコイン相場はどんどん上昇し、資産は緩やかながらも徐々に増加していきました。 しかしすでにビットコインは価格が上昇しきっており大きな相場上昇は望めなかったため、リップルやNEMといった価格がまだ上昇しきってないアルトコインをメインに投資することにしました。 狙いは見事に当たり価格はどんどん上昇、「寝て起きたら資産が増えている」という状況で、このまま行くと自分も億り人になれるのではないか?と思うほどの勢いがありました。 10万円を元手に始めた投資でしたが、あっという間に20万、40万と増え、「こんな簡単にお金が増えていいのかな」と怖くなるほど。 しかし、突然終わりは訪れます。 「コインチェックがハッキングされてNEMが流出した」とうわさが出回り、NEMの売買が突然できなくなりました。 […]

株、仮想通貨、FXなどの投資と資金繰りについて4 底値での投資判断!!

FXとリスク ゼロから資産構築 不動産投資とリスク 投資と資金繰り 金融投資とリスク

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。   少しづつ稼ぎ、投資金額を増やしています 女性・20代・FX投資 私が投資しているのはFXと仮想通貨です。 最初にFXを初めたのは20歳の頃です。その頃は貯金の中から20万円程入れて運用していました。 でも、支払いなどで儲からない時も支出があるので少しずつ減ってきてしまったので、アンケートモニターやクラウドソーシングでとりあえずの資金を稼ぎました。 ですがそれでも足りなくなってきたので、親族の経営している銭湯の開店準備などなどを手伝いバイト代を貰ったり、1000円だけ仮想通貨のビットコインに投資をしてその儲けた金額をFXに移して投資をしたりしています。 最近はFXの通貨の買い方も少しずつ変えていて、米ドルを買ってスキャルピングしつつ、ニュージーランドドルやオーストラリアドルなどの比較的安定していてかつスワップの高い方の通貨を買ってスワップだけでも安定的に稼げるように工夫しています。 あと、FXの会社を分散させて少額投資する会社とまとまった額を投資する会社に分けてリスクコントロールしています。 最近はもっと資金を増やす為に支出を抑えながらアンケートモニター、ビットコイン投資、クラウドソーシング、ECサイト、家業の手伝い等々でFXとビットコインに少しでも資金をまわせるように努力しています。   底値での投資判断!! 男性・20代・株式投資 私が投資する銘柄は、今後、業績が伸びていく確率が高いと想定できる銘柄です。現在であれば、5G関連の設備投資でもっとも恩恵を受けると予想されているアンリツの株式に、多くの金額を投資しています。 現在すでに500万円以上の金額を、アンリツ株に投資していますが、投資金額を500万円に引き上げることができた要因は、株式投資での利益の積み上げです。 過去約6年間の投資実績を説明すると、私はアベノミクス相場に上手に乗ることができました。当時は現金で200万円しか保有していませんでしたが、全額を岡三証券グループの株式に投資したのです。株価は約450円でした。それから約5か月後には株価が900円となったため、私は利益を確定させることができました。この時点で資産が約400万円となりました。 それから1年以上投資を休んでいましたが、2014年秋に日本銀行が追加金融緩和を打ち出すと、私は日経平均株価の値動きに対して2倍の値動きをする日経レバレッジというETFを、400万円を投じて購入しました。株価は約1万円でした。2015年3月頃まで日経平均株価が上昇し続け、株価が約16000円のときに利益を確定することができました。この時点で、私の金融資産は約640万円となりました。 再び私は投資をしばらく休んだのですが、2016年に入り下落相場が続き、夏ごろに「いまが底値だ」という判断のもとに再度、日経レバレッジを購入しました。株価が1万円のときに500万円分購入しました。その後株価は底値は這っていましたが、やがて上昇トレンドに入り、2017年中旬に株価が17000円をつけた頃に利益を確定させることができました。 そして、現在は証券口座の資金が約900万円となっており、そのうち500万円をアンリツ株に投資している次第です。 株式投資において、資金繰りを好循環させるコツは、政府が大規模な景気対策を打ち出したり、中央銀行が大規模な金融緩和策を打ち出したときに株式投資を実行することです。 あるいは、株価が底値圏まで下落したタイミングで投資を実行することです。「国策に負けなし」という言葉がありますし、底値で投資をすれば負ける確率は低いのです。     仮想通貨投資を少額からはじめています 女性・40代・仮想通貨投資 現在、小額ではありますがビットコインに投資しています。 それほど家計に余裕があるわけでもないのですが、以前から仮想通貨にかなり強い興味があり、話題となる前からチェックは続けていました。 しかしどうしてもやってみたくなったので、まずは小額からはじめてみようと運用を開始しました。 試験的に運用しているため、今のところ金額は自分の小遣いの範囲内です。ただし、積み立てのような感覚で、毎月少しずつ投資額を増やし、運用額も増やしています。 時間があるときはチャートをこまめにチェックして売買していますが、日本円換算で収支は「とんとん」というところです。「仮想通貨をやっているよ」と周囲に言えるほどの利益は出したことがありません。 もちろん少しの儲けが出たこともありますが、ずっとチャートに張り付いてチェックしていられるわけではないので、なんとか大きな損はせずに済んでいる、というような状態です。 本当は仮想通貨FXにも興味があるのですが、勉強不足のため、まだFX自体が少し怖いなと思っている部分もあり、現在は手を付けていません。現在の運用で、それなりに利益が出る日が来たら、少しずつFXなどにも挑戦したいなと考えています。   夢とロマンの仮想通貨 男性・20代・仮想通貨投資 まだ学生で軍資金もなかったので、仮想通貨FXを基本的には使用しています。 仮想通貨FXだとザイフとコインチェックはビットコインしか扱っていないのでビットコインしか取引しませんでした。 ちょうど仮想通貨バブルの直前に始めたのですが、仮想通貨が上がる理由がわからずずっと下がると思い続けてショートに投資していました。 60万ちょっとの時代なのですが、結果200万弱まであがり、結果的には損しました。 負けてやっと気づいたのですが、仮想通貨は信用で上げ下げされるとわかりました。 その反省点を活かし、投資をやり直しています。 自動売買ツールについては、使用してみようと思ったことがあるのですが、使用していません。 自分はプログラマなのですが、内部プログラムを見ていじって最終的に絶対に勝てる方法がなく、だったら自分で取引をした方がましだなと思い、 自動売買ツールは使用しないことに決めました。 当時アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が新規のものがたくさん出ており、海外の取引所で買っていました。 ツイッターなどでもアルトコインを売買している人がおり、それも買っていました。 しかし、ツイッターで買ったものは半数以上が動いておらず、実際にはコピーコイン(ビットコインのコピー)などということが多々ありました。 なぜわかったかと言うと、もともと作成者の方に話を伺う機会があり、教えていただきました。 最終的に負けはしましたが、夢とロマンが詰まっているのが仮想通貨だと思っています。 国家の金にはまだまだかないませんが、近い未来に同等以上になると自分は思っています。     スキャルピンングFX 男性・30代・FX投資 […]

株、仮想通貨、FXなどの投資と資金繰りについて3 効率の良い複利運用を!!

FXとリスク ゼロから資産構築 不動産投資とリスク 投資と資金繰り 金融投資とリスク

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。   私のFX口座の活用法 男性・30代・FX投資 毎月、収入の中から2000円を積み立て投資としてアメリカドルとユーロをそれぞれ1000円程度購入しています。 主に為替レートによる積極的な投資を行うのではなく、主に海外旅行などに行く際の両替として活用しています。 取引に利用しているマネーパートナーズでは、FX口座にあるアメリカドルとユーロに関しては現物で受けたることができ、手数料に関してもFX取引時での手数料が適用されるから銀行や空港にて両替するよりもかなりの費用が抑えられます。 場合によっては海外現地よりも手数料が抑えられるので、その分を海外旅行先でのランチ代やお土産に充てることができます。 また、現物にする際には郵送や主要な国際空港の窓口にて受け取れるから利便性が高いのも魅力です。さらに普段から積み立てることによって変動が激しい為替リスクなども抑えられ、特に近年は急激な円高から円安になる傾向が多いから積み立てによる外国紙幣への両替でも毎回、2000円から3000円程度の利益が得られています。 そして、基本的に両替時時以外は頻繁な為替差益による取引を行わずに長期運用を行っているので、自動売買ツールを使用しておらず、レバレッジなどの制度も利用していません。 ただし、政治や経済によって急激な変動があるので、国内外の政治や経済は頻繁にチェックするようにしています。   効率の良い複利運用を!! 男性・30代・FX投資 私は、1週間前の木曜日にひまわり証券のループイフダンという項目でFXで資産運用を始めました。 ひまわり証券のホームページを見たらヨーロッパ内でイギリスのポンド・円の相場が凄くエントリーをしてある程度のロットを取引すると最大で20万円のボーナスが貰えるというシステムだったのですぐに始めました。 まず、手持ちの余剰資金が30万円あったので、そこからスタートしました。 始める前に過去のテクニカル分析から1番利益が高いとされていたB20(GBP/JPY)が1ヶ月で12万円程度だったのですぐに始めました。 これまあくまでも予定ですのでいつ相場が暴落するか分からないので万が一の時に備えてマーセーフティ機能が付いていたので、損切り設定を追加して開始しました。 翌日寝ていると新規約定メールがきて数時間後に決済約定メールが来ました。 実際に当社のHPを開いて調べてみるとそこそこです1日平均1000円の利益が出ているのでこのままほったらかしで勝負しようと思います。 今は微々たるものですが、今後利益が大きくなればさらに収益が見込めます。 30万円で投資した利益が倍になれば複利運用で少場を開始して目標である1億円をいつかは達成したいと思いました。     仮想通貨の売買のタイミング 男性・30代・仮想通貨投資 私が投資している仮想通貨はネムコインやモナコインといったものに投資しています。その際には自動売買ツールといったようなものは使用してないです。 それは私が短期間の保有を考えてなかったからである程度長期で保有しておくことを考えていたからです。 また資金繰りですが投資を始める際にはその資金集めのために借金をするという人もいるようですが、私はそういう事はしませんでした。 私の場合は自分がそれまで貯めていた貯金を崩してそれをビットコインの投資に充てるという事をしました。 それが一番誰も傷つく事もなくて良いと思ったからでした。これなら無理なく投資のための資金を集める事ができるだけでなく 誰にも迷惑をかけずに済むのが良いと思いました。自分にとっても後で後悔しないという点でも良いと思いました。 それで肝心の投資の結果ですが投資した時期がもうかなり後になってから始めた事もあって儲かるどころか損をしています。 私がネムコインやモナコインを購入した時はまだ上がっていくかもしれないという期待があったのですが、思ったように上がらずに損をしてしまいました。 またこれらの仮想通貨を買ったタイミングも売ったタイミングも悪かったというのもありました。   仮想通貨投資を続けるべきか迷っている・・ 女性・40代・仮想通貨投資 あるテレビ番組で仮想通貨を取り上げていました。そこで話題になっていたのがQASHです。 また、お友達もやっていて、お小遣い稼ぎにいいよと勧められました。 それらのことから自分もやってみたいと思い、早速Liquid by Quoineで口座開設をしました。なぜLiquid by Quoineにしたかというと、QASHを購入できる国内の取引所はここだけだったからです。 また、安全性も高いという評判だったのも理由の一つです。 Liquid by Quoineのアプリはとても見やすく、初心者の私にとっては、とても使いやすい機能になっています。ちょうど口座開設をした時にはキャンペーンをやっていて、日本円で5万円以上を入金すると1万円キャッシュバックでした。 ですので、最初は5万円を入金し、そこから始めました。今始めてから6ヵ月ほどたっています。平日にチャートを見ながら売りと買いをしていますが、まだよくわかっていないので、今までのトータルでは儲かってもいないし、損もしていないという感じです。 運用の仕方が悪いのかもしれませんが、口座開設時に思っていたような感じに増えてはいきません。今後、このまま続けようかどうか迷っています。     本気で取り組むCFD取引 […]

To the top