Archive List for 不動産投資とリスク

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について

不動産投資とリスク 不動産投資と資金繰り 現役大家さんの地震保険の活用事例 現役大家さんの火災保険の活用事例

台風19号による越水・決壊での建物損壊はお見舞い金の支給対象となる可能性があります   会社・店舗・自宅・倉庫などが台風19号により損壊した場合、保険会社より支払われるお見舞い金を受け取れる可能性があります。 現在ご加入されている火災保険・地震保険の契約内容によりますので、保険証券のご確認をお願い致します。   詳細に関しては『地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると』のページをご確認頂く事になりますが、台風被害があからさまな場合は、申請が認められやすい傾向にありますので、ご自身の生活の復興にお役立てください。 完全成果報酬制にて対応しておりますのでご安心頂けます。 建物の被害状況の調査・報告書の作成などを無料にて行わせて頂き、保険会社からのお見舞い金の支給(入金)がありました段階にて、所定の手数料(入金額の35%(税別))を協会へ支払う。完全成果報酬なので認定されず入金が無い場合は支払う必要がありません!   また、神奈川県の武蔵小杉近辺や、東京都田園調布近辺など、建物の損壊を伴わない浸水被害に関しましては、浸水被害に対応した契約が必要な場合もございますので、併せて保険内容のご確認をお薦め致します。   被災された方々の生活が一日も早く元に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。   火災保険の活用に関する手続きについて (※10/15日現在、混み合っております) 申請フォーム入力後、数日以内に協会から都合の合う日程調整での電話が来ます。 ▼▼ 日付を合わせて調査員と30分から1時間立会いしてください。 ▼▼ 事故調査報告書が届き次第、今度は、保険会社指定の鑑定人と立会い、認定されれば1週間〜1ヶ月程度で入金となります。 ▼▼ 入金後に所定の手数料(入金額の35%(税別))を協会へ支払う。完全成果報酬なので認定されず入金が無い場合は支払う必要がありません!   〉〉〉申請フォーム〈〈〈   上のような流れが一般的ですが、保険の契約内容や、物件によっては若干の違いもあります。 申請フォームでは、保険証書の写真をアップロードする事ができるので、質問がある場合は協会からの電話のときにでも確認をしても良いと思います。保険証書を確認できないと、契約内容が分かりませんから、協会としても質問に答えられない場合が多いと思いますしね。 調査員の来訪に伴う費用などはかかりません(無料診断)。保険会社に認定され給付金・お見舞い金があなたの口座に振り込まれたのを確認した後に、協会に入金額の35%を手数料として支払う(税別)のみです。完全成果型報酬ですから、認定されず入金が無かった場合は協会側への支払いは必要ありません。   〉〉〉申請フォーム〈〈〈   無料で投資・金融情報を配信中! 台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について  

台風19号被災の皆様にお見舞い申し上げます

不動産投資とリスク 投資と資金繰り 現役大家さんの地震保険の活用事例 現役大家さんの火災保険の活用事例

台風19号被災の皆様にお見舞い申し上げます   この度の台風19号により、お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。 また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。   当ブログは、被災された方々に寄り添いながら、今後も運営を続けて参ります 微力であっても、皆様の今後の生活に役立つ情報をお届けすることができればと考えて折ります。 被災された方々の生活が一日も早く元に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。   ブログ運営者 無料で投資・金融情報を配信中! 台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について  

不動産投資と資金繰りについて4 付加価値を付けた不動産投資が思わず良い方向に!!

不動産投資とセミナー 不動産投資とリスク 不動産投資と利回り 不動産投資と失敗 不動産投資と節税 不動産投資と資金繰り

不動産投資に関わる、大家さん、不動産屋さん、営業マンなど、皆様から寄せられた、不動産投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になりますよ。   不動産投資と資金繰り 女性・30代・東京都にてマンション経営 区分マンションを投資用に所有しています。 2500万程度で購入しました。 不動産投資を始めるにあたって、数々の不動産会社を周り、毎月のローン返済についてもなるべくリスクのない会社と契約しました。 融資を受けた場合には毎月ローンの返済があります。 私は頭金を貯金から捻出し、その後は家賃収入とローン返済の金額がプラスマイナスゼロになるような計画を立てました。 ただ、不動産投資ローンを利用する場合、返済方式は元利均等返済方式が採用されることが多いです。返済を始めた頃は利息の割合が多く、だんだん元金の返済割合が大きくなっていくため、ローン期間が短いほど毎月の負担は大きいと思います。 私は30代で購入したため、毎月8万ほどの返済となっており、無理なく家賃収入で相殺されています。 また、利息は経費として計上することができますが、元金は経費として計上することができません。 新築・築浅物件を選ぶことも条件に入れていました。 古い物件では、設備の交換や修繕などを行う必要が増え、その度に修繕費がかかることもあるようです。修繕を行えない場合は空室率の増加や賃料の低下に繋がってしまいます。 返済に充てる資金がなくなってしまうと、途中で物件を売却しなければならなくなる場合もあるので、早めにローンの乗り換えや不動産会社への相談をした方がいいと思います。     付加価値を付けた不動産投資が思わず良い方向に!! 女性・50代・愛知県にて一戸建て経営 一人暮らしであった義母が急逝したこともあり、一戸建てとその隣で経営していた小さな風呂なしトイレ有りの4世帯のアパートが遺されました。 そのままにしておくわけにもいかず、にわかに不動産経営をすることになりました 近くの地元系の不動産事務所に借主の紹介を依頼しましたが、半年以上経てもなかなか、引き合いはありません。 時折、近所の方が家の新築のための間借りということで3か月くらいで住まわれることはありますが、長期で借りたいという方は 皆無でした。まして、今時風呂なしのアパートの方は全く希望者はあらわれません。 これは、対策を講じないといけないと考え、不動産事務所の社長との面談の結果、駐車場がないことが大きなデメリットとなっていることがわかりました。 そのため、隣地のアパートを更地にして、そのスペースに駐車場を3台分造成することになりました。業者に見積もりを立ててもらったところ、300万円を超える金額です。 この費用を回収できるのはいつになるだろうと一瞬考えましたが、このままの状態で放置しておくと固定資産税ばかりがかかってきてしまい、防犯にもよくありません。手持ちの預貯金を充てることとし、工事を始めることにしました。 1か月ほどで、アスファルトの敷かれたきれいな駐車場が出来上がりました。貸し家の通風や日照もよくなり外観も明るくなった気がします。 ほどなくして、問い合わせが数多く入るようになりました。工事した2か月後には賃貸契約を結ぶことができました。 それからも何回か、世帯主は変わりましたが、次の契約が以前に比べて格段に早く決まります。合わせて駐車場の賃貸料も入ります。 高額な投資費用がかかりましたが、思ったより早く回収もできそうで、あのとき思い切って良かったと感じています。     不動産投資は、見込みが甘いと苦労する 男性・20代・沖縄県にてアパート経営 私は私立大学の薬学部を卒業してからすぐに、地元である沖縄県の総合病院で薬剤師として働き始めました。 働き始めてからすぐに、当時付き合っていた彼女と結婚することになり、すぐに3人の娘が産まれました。 楽しく生活することができていましたが、薬剤師としての私だけの給料では生活が苦しくなってきました。 そのため、副業をしたいと考えるようになり、銀行員をしている友人に相談したところ、不動産投資を勧められたため、不動産投資について興味を持ち始めました。 私の両親から土地を譲り受けていたため、自分の土地にアパートを建てることにしました。 銀行からの融資も受けられ、無事にアパートのオーナーとなることができました。 アパートを建ててから3年程は安定した運用をすることができていました。 しかし、4年目の頃に、アパートの部屋の水回りのリフォームが必要になったり、外壁塗装など必要になりました。 アパートの修理費用を貯蓄していましたが、思っているよりも高い出費となり、修理費用としてローンを組むことになりました。 銀行への返済金額はだいぶ増え、とても厳しい状況となりました。 私の見込みが甘かったせいで、苦しい思いをすることになりました。 修理費用はいくらぐらいになるか分からないので、できるだけ貯蓄する必要があると思いました。     既に資金は回収できました!! 男性・40代・神奈川県にてアパート経営 若い頃から株式投資や投資信託に興味があり、素人ながらそれなりに取引経験を積んできていましたが、オリンピックの開催地が東京に決まった時ぐらいから都市圏の不動産投資に興味が出てきて、どのエリアが良いのか模索し始めました。 それまでマンション経営の営業の電話が何度か自分の携帯にあったのですが、あまり魅力的ではなかった為、できるだけ自分主導で行える投資先がないかと探していた所、大学時代の同僚が不動産業を営んでいる事を思い出し連絡を取ってみました。 既に、投資にまわせる資金をまとまった金額で用意できていたので、特に銀行からの融資は必要なかったです。 しかし、マンションとなると回転率と安定率の部分で自己資金との折り合いがつかなかったので、まずは学生や独身者向けのアパートに投資をする事にしました。 […]

不動産投資と資金繰りについて3 資金繰りに苦しまずに持続性の高い不動産投資をするには!!

不動産投資とセミナー 不動産投資とリスク 不動産投資と利回り 不動産投資と失敗 不動産投資と節税 不動産投資と資金繰り

不動産投資に関わる、大家さん、不動産屋さん、営業マンなど、皆様から寄せられた、不動産投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になりますよ。   不動産投資のネックは修繕費!! どう捻出するか 男性・50代・大阪府にてマンション経営 不動産投資をしていて一番頭を悩ませることは修繕費です。 何より突然やってきますし入居者さんに迷惑を掛けてしまっているので一刻も早く対応しなければならないからです。 特に物件の築年数が経ってくるとその頻度はどんどん増えていって、修繕費の調達にも困ることも出てきます。 私自身は無借金経営を何とか続けられていますが、かつてかなりのピンチに陥ってさすがに資金調達を考えたことがあります。 不動産経営の指南書や管理会社からの提案で毎月一定の積立は行ってはいましたが、まずその年は二件続けて退去があり、収入が減っていたところでした。 空室を埋めるためにかなりのリフォームを行って一室は何とか入居してもらえましたが、もう一件は半年近く空きが続きました。 そこでリフォーム資金の回収に当てようとしていた敷金を0円にする決心をしました。 そうすると何とか見学されるようになりましたが、やはり年数の経っている部屋では決め手に欠けてしまって契約には至りませんでした。 そうした中の一組が、「水回りの更新を条件に契約してもいい」との提示がされました。 その条件を了承して見積もりを取ったところ資金が3千円まで落ち込むことが分かりましたが、当座の契約をしたいので工事をしてもらい何とか入居に至りましたが、このとき他の部屋で何か修繕があれば資金調達を覚悟して数ヶ月は落ち着きませんでした。 それ以降修繕費の積立金を増やして何とか対応しています。   資金繰りに苦しまずに持続性の高い不動産投資をするには!! 男性・50代・東京都にてアパート経営 祖父からアパートを相続したことが賃貸経営を始めたきっかけであり、すでに20年以上にわたって不動産投資を行っています。 相続したアパートの家賃収入を積み立てることによって、新しい一棟売りのアパートの購入資金を確保することもできました。 確かに全額を銀行から融資してもらうことも可能ですが、新規に投資資金を借りる場合には、半分以上は自己資金を活用しています。 自己資金を十分に用意したほうが、銀行の審査もスムーズであり、低い金利で融資が受けられるからです。 また不動産投資を行うときには、一棟売りのアパートの購入に加えて、建物の資産価値の向上にも力を入れています。 積極的に室内をリフォームして設備を充実させると、家賃を値上げしても満室経営が実現しやすくなるからです。 物件の購入やリニューアルでは大きな資金が必要ですが、将来を考えて家賃収入の一部をプールしているので、借入金への依存度を大幅に下げることにも成功しています。 また都心に物件を持っているので、値上がりしたアパートを売って、郊外の割安な物件に乗り換えることも可能です。 不動産の相場の変化にも気を配り、築浅のアパートに買い替えることで、資金繰りに苦しまずに持続性の高い不動産投資が行えると考えています。     修繕金が上がる前に物件を売却することでプラス収支に! 女性・30代・東京都にてマンション経営 5年ほど前に都内に新築ワンルームマンションを購入しました。 全額投資用ローンを利用して、月々のキャッシュフローもわずかながらですがプラスで運用していました。 都内で新築、かつ駅から徒歩10分以内、ということもあり、テナントも途切れることはありませんでした。 当初はキャピタルゲインを狙ったわけではなく、インカムゲイン狙いで老後の足しになればというつもりで購入していました。 最初の5年は資金繰りで気になる点はありませんでした。 しかし、5年を過ぎたところで、一年後に積立修繕金の額が上がることになりました。 そうすると、この物件のキャッシュフローがマイナスになってしまう、ということになりました。 マイナスの額は大した額ではありませんでしたが、経年とともにやはり積立修繕金の額は上がっていくということを改めて考えされられました。 そこで、当初はインカムゲイン狙いで長期運用を考えていましたが、日本の人口減少や経済の停滞も心配であるので、積立修繕金額が上昇する前に、売却をすることにしました。 売却は、買取や仲介でいろいろ見積もりを取りましたが、担当者の連絡がスムーズかつ査定額の良かった仲介業者を通して売却をしました。 現在の中古市場は売り手市場のようで、損をしてしまうかと思いきや、結果プラスの運用となりました。     区分所有なら大規模マンションを選べ!! 男性・40代・埼玉県にてマンション経営 私が2軒目に購入した不動産物件は、区分所有マンションです。 2軒目の購入でしたし、追加で不動産投資ローンを借りたため、資金繰りについては注意を払いました。 できるだけ、資金繰り計画どおりに賃料収入を得ることができ、計画通りに不動産投資ローンの返済をおこない、可能であれば前倒しでローンの返済をしていきたいと考えていました。 そのため、資金繰り管理を万全に行えそうな物件として、総戸数が150戸規模のマンションを選びました。大規模マンションであれば、管理組合が区分所有者から毎月徴収する管理費収入と修繕積立金の金額が多額であり、管理組合の資金繰り管理に余裕が生じているためです。 一方、総戸数が35戸程度の小規模マンションの場合は、管理組合の資金繰りが年々厳しくなっていきます。 毎月の管理費収入と修繕積立金が少額であることから、管理組合の運営が厳しくなります。 とくに、約10年に一度の割合で実施する大規模修繕工事の費用調達には苦労することとなり、区分所有者から100万円単位の臨時拠出を求めるケースが稀ではありません。 しかし、大規模マンションであれば、大規模修繕工事を実施するとき、区分所有者から臨時拠出金を徴収することはありません。 毎月徴収している修繕積立金だけで、工事費用を賄えるためです。 […]

不動産投資では保険金は節約したいけど、でも損して得取れということも

不動産投資とセミナー 不動産投資とリスク 不動産投資と利回り 不動産投資と失敗 不動産投資と節税 不動産投資と資金繰り

  東京都でアパートの自己管理をされている大家さんから、貴重な体験談をお寄せ頂きました。参考にされてくださいね。   保険金は節約したいけどでも損して得取れということも きらら・女性・60代以上・東京都   アパート経営で、しかも自分で大家をやるつまり管理を自分でできるのは、正直若い間だけだと思います。管理には本当に体力が必要です。 そしてもちろん、気力も必要です。資金も、初期費用はかなり必要です。 アパートが建ってそののちは、できるだけあれこれ節約したいなあと思って当然です。 でまあ、ひと落ち着きする前に、保険はどうしようかと迷ってしまったのです。   当然火災保険には入るつもりでしたし、地震などの災害保険にも入っておくのは常識と思っていました。 木造のアパートでは、台風などの自然災害にも強いとは言えませんし、何かあった時に自分での管理だとやはりお金の問題が最も大きいですよね。 保険金は結構お財布には厳しいものの、でもやはりと思ってそれなりの保険に入ることにしました。 しかしここでまた、問題が起きたのです。 保険会社の担当に、施設賠償責任保険を勧められたのですね。一瞬、それ何と思ったのは事実です。 よくよく聞いてみると、例えばアパートの外階段が一段だけでも緩くなっていて、そこに居住者が足を突っ込んで怪我した、などという場合の賠償金を補償する保険です。 正直ちょっと考え込みました。というのも、実際のところアパートオーナーがアパート全体にかける保険というのは、決して安くはありません。 またこれは他の保険もですが、もし何かあって保険金をもらったりすれば、その後の保険の支払いが上がる、などということもあるのです。 そして何もなければ、保険の掛け金は掛け捨てになります。 そう考えてしまうと、ただでさえ高い保険料に上乗せする価値はあるのだろうか、と考え込んでしまったわけです。 またそういった事故で怪我した人が、必ず賠償を求めてくるとも限りません。そんなこんなで財布とにらめっこしつつ考え込んだものです。   しかしある時、同じようなアパートのオーナーの集まるサイトで掲示板を見ていたら、同じような立場のオーナーさんがいたのですね。 読んでみたら、同じく賠償というちょっと特殊な保険なので、新築だしまあ当分はいいかとかけなかったそうなのです。 しかしこれが仇になって、アパート入り口の段差の角が欠けたのに気が付かずにいたら、入居者がそこに足を引っかけて転んだんだそうです。 その入居者がお年寄りだったこともあり、骨にひびが入ったということで、身寄りの人から賠償を要求されたそうなのです。 もしためらわずに、最初から賠償責任保険をかけていれば、逆に出費は少なく済んだのに、と反省しきりでした。   これは他人ごとではない、と改めてあちこちの保険会社のこの手の保険を調べてみましたら、かなり少ない掛け金で入れることがわかりました。 火災保険の方の特約でとも考えたのですが、単独で大変に負担の少ない賠償責任保険を見つけましたので、そこに入ることにしました。 掛け捨て覚悟でしたが、でも何かあった時のためのものが保険です。節約とケチとは違います。 損して得取れ、という言葉もあります。思い切って保険に入りました。 その後ちょっとしたことで共有部分の給水管にトラブルが起き、入居者の部屋に水漏れがあったのです。 家具にも水がかかりましたし、床も水のシミができました。 これら全て補償ということで、賠償責任保険を請求したのです。かけておいてよかった、結果的に節約になったと思ったものです。 実際、どんな新築のアパートでも、だんだんと老朽化していきます。大きな出費をしないために、節約のためにも施 設賠償責任保険は入るのがおすすめですね。   無料で投資・金融情報を配信中! 台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について  

To the top