動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなくビットコインの投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。

 

FX投資の王道は自分なりのルールの確立

男性・30代・FX投資

現在はFXで取引をしているものです。以前は株式で売買を行っていましたが、資金の面で不利だったためFXにシフトしました。

株式は元手を50万ほどで始めましたが、一時100万を超えましたが、損が重なり20万ほどに減ってしまい、それをFXにうつして現在30万ほどに戻しました。

元手は50万ほどなので、貯金をしていたものから始め、そのお金で売買が続いています。

まず、株式に手を出しましたが、50万ほどの元手だとほとんどギャンブルに近い株式に手を出さないと増やすことは難しく、結局は減ってしまいました。

FXはレバレッジがあるため、30万ほどあれば、1日に1万ほど儲けることはそんなに難しいことではなく、慣れてくれば少しずつ増やすことは可能だと思います。

自動売買ツールなどは特に使わず、基本的には細かく売買を繰り返すスタイルです。

大きくは勝てませんが、大きく負けないことを重視したほうが、最終的に残る利益は大きくなるように感じたためそのような手法をとっています。

1日、2日持ち越せば、大きく値が動けば一気に勝つことができますが、同じ確率で負けることもあるため、これもギャンブルになってしまうと思います。

自分なりのルールを作り、少しずつ勝ちを増やしていくのが王道だと思います。

 

投資は退場したら終わり

男性・40代・FX投資

高配当株、優待株等個別銘柄に投資しています。相場の状況にもよりますが、基本的には長期投資であまり頻繁には取引しません。投資を始めるにあたっての資金は若い頃に貯蓄した貯金を元手にしました。

預金では利子もつかない時代、その補填の意味で配当金収入をメインに考えています。

運よく利益確定した時でも、一度口座に入れたお金は絶対に出さない。配当金は再投資し複利効果を狙う。生活費には絶対に手を付けず、必要に迫られて売却しなければならないなんていう状況は絶対に避けるということをモットーにしています。

時にはマザーズ銘柄で一発勝負してセミリタイヤなんていう夢も見ましたが、ザラ場を見ていられない状況では怖くて勝負できないため諦めました。

資金については節約を心掛け、とにかく継続的に資金を追加することを心掛けています。取引余力は重要です。限度額目一杯で勝負すると当たれば効率よく資金を殖やしていけますが、逆になると身動きが取れなくなります。そのためにもいかに多く追加資金投入できるかが大切だと思っています。

とにかく市場は退場したら終わりです。今まで築き上げてきたものがその瞬間すべてムダになってしまいます。常に余力を持ち暴落時には落ち着いて買い増しできる位の余裕がある取引を心掛けています。

 

借金してまで投資はするな!

男性・20代・仮想通貨投資

私が投資している仮想通貨はビットコインです。

ビットコインに投資している理由は多くの人がビットコインに投資しているので値動きが激しいからです。

値動きがあり、多くの情報がネットに出てくるので、他の仮想通貨よりも投資しやすいというメリットがあると思い投資し始めました。

また仮想通貨を初めて知ったのもビットコインだったということもあり、ビットコインには何かと親近感があって、ビットコインについて調べ始めたのも原因です。

資金は私はFXを先に始めていたので、FXで得た資金にライティングした記事作成で支払われたお金、貯金で資金等の自分の持っているお金で作りました。

私は資金は借金しないと決めています。

私に対して投資を教えてくれた師匠に、どんなに苦しくても借金してまで投資するなときつく教えられました。

また本やネットで見た記事でも借金するなと書いてある記事が多かったので、初めから借金を考えたことはありませんし、これからも借金しようとは思っていません。

貯金はもともとFXで持っていた口座にためておいた余剰金が半分以上を占めています。

FXの口座にある資金のうち3分の1ほどをビットコインの口座に移してビットコインを始めました。

 

リップルに投資をしてみたものの・・

女性・30代・仮想通貨投資

これまで仮想通貨のリップルに投資したのですが正直とんとんといった感じです。なぜならリップルに思い切った投資ができないでいたからです。

そこそこ上がるかもという期待はあったのですが信じられないくらい上がるとは思ってなかったからです。

なので投資額も大したことないので儲かったという感じはないです。また当初は自分の勘で取引をしていたので損をしていたことも多かったです。

またリップルに投資する資金も最初は自分の手持ちのお金だけでやっていたのですが、それだけだと本当に大した取引ができないと思ったので

親からも借金してリップルに投資しました。

それでそこそこの金額をリップルに投資できたのですが、私が買った時よりもさほど値上がりもしなかったので儲けも大した事はなかったです。

もっと投資する金額が多かったら少しは状況が変わっていた可能性もありますがそこまで儲けはなかったです。

儲かったという感覚がないくらいの微増といった感じでほとんどとんとんです。また、借りたお金もすぐに親に返さないといけなかったので

かなり辛かったです。そのせいで手持ちのお金で投資するみたいに自由に投資できないのもあってさらに儲けが出せない状況でした。

 

FX投資でしっかりと利益を狙う

男性・50代・FX投資

FX投資を行っていて現在もポジション保有をして運用しています。

FXを始めたのは2005年で運用資金は定期預金の一部を解約して資金を捻出しました。

強制ロスカットを防ぐ為にレバレッジを抑えめにして取引をはじめました。5倍程度で運用した記憶があります。

まずドル円の動きが基本になるので1万ドルの運用から始めました。

最初は自動売買ツールを使わないでブログのサインを利用したりしましたが、1番いいタイミングで売買を行う事が難しく売買時のサインを示してくれるツールを購入しました。

サインに沿って売買を淡々とこなしていけばいいので、ひどい含み損が塩漬けになることもなく精神的にリラックスできました。

半年ぐらいして慣れてきたら、ポンド円やユーロ円やユーロドルにも挑戦しました。

当時は円が売られている時期でサインに沿って売買していると20万程度の儲けを半年弱で出しました。

リーマンショックの前に自動売買ツールで取引出来るFX会社も利用して最初は損を出したのですが、その後もものすごい下落幅だったので、トータルでは50万以上のプラスになりました。

ドル円が円高を更新した時にサインはまだ買いのタイミングではなかったのですが、ロスカット幅を狭めて購入しました。

日足や週足の状態が良くなってきてからオセアニア通貨を買いました。

オセアニア通貨の金利も1パーセント半ばであまり高くないのですが、日本との金利差はまだあるのでスワップ狙いで保持しています。

含み益は100万近いですが、極端に下落相場になる事は考えにくいのでそのままにしています。

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、投資原資を稼ぐためには《《《

 

その他のオススメ記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える
大口投資家の買い集めとレンジ相場
大口投資家の売り抜けとレンジ相場

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について