動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなくビットコインの投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

 

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。

 

おすすめのFX業者は海外業者!

男性・40代・FX投資

友人がFXで儲けたと聞き、

私自身も株式・FX投資を考え、行動に移しました。

まず株式は、元手がかなり必要と聞いていた為、

少額から始めることが可能なFXから始めることにしました。

FX業務を行っている会社は日本にいくつかありますが、その中で無料でセミナーを行っている会社がいくつかあります。

まずはその無料セミナーに参加して、基礎知識をつけるところから始めました。

次に、デモ口座を作り、デモトレードを行いました。

デモトレードにより、ボタン操作や、損切(ストップロス)設定・利益確定設定・イフダン注文などのやり方を一通り学ぶことができました。

そこまで行ってみて、一通り知識も得ることができ、操作も理解した為、儲かるように思い、リアル口座を作成し、実際にトレードしてみることにしました。

まだ不安もあった為、少額1000円~10000円から始めました。

しかし…現実は厳しく、なかなかうまくいかず、ロスカットといって、資金を溶かしてしまったり、マイナスの取引を重ねたりして辛い日が続きました。

試行錯誤の中で、様々な気付きがありました。まず、日本のFX口座は、DD方式と言って、業者が儲かれば投資家が損をし、投資家が儲かれば業者が損する作りとなっていることを考えてみました。

業者が損をするのに、投資家に有益な情報を伝えるでしょうか。

もし、伝えるのであれば、それはwin-winの場合のみであると感じました。

NDD方式といって、FX会社を介さずにインターバンクに直結した為替レートで取引を行う業者が何社かあり、取引業者は全てそちらに変更しました。

また、海外にもFX業者は存在します。私が一番オススメするのは、XMという業者です。

XMはレバレッジ888倍といって、国内は最大25倍と決められているのですが、そのおよそ35倍で取引が可能です。

レバレッジが多いと、何がよいかと申しますと、証拠金が少なくてすみます。

簡単に例を申しますと、10万円の証拠金がいるところを、XMで888倍のレバレッジにした場合、証拠金が2857円で済むのです。

証拠金というのは、取引をするのに必要な資金、担保のようなものとお考え頂ければと思います。

証拠金が足りないと、取引ができません。つまり、高レバレッジの業者は、少額から取引を始めることができるというメリットがあります。

また、同じ金額を持っていた場合、高レバレッジで、高Lotを設定して取引すれば、リターンで得られる資金も増えます。

逆にデメリットとしては、予想とは逆側に動いた場合、失う資金も増える結果となります。

また、XMのよいところは、他にもあります。

ボーナスが充実している所です。

口座を開いただけで、3000円もらえ、取引に使用することができます。

また、100%ボーナスといって、最初の入金で5万円入れると、5万円をクレジットとして使用でき、10万円分の取引ができます。

更に、5000$分、20%のクレジットバックがありますので、1万円入れると2000円のクレジットが増え、取引に使用できます。

最後にもう1点ありまして、

XMアフィリエイトがあるのですが、紹介すると、紹介相手が取引した場合に、取引量によってアフィリエイト収入が入ります。

1Lotの取引で約330円ですが、3口座集まれば約770円と倍になります。

この3点が大きく、私はXMの業者を使い続けています。

ウサインボルトが宣伝していて、信頼感もあります。

それでも、裁量トレードといって、自分の知識のみでトレードすると、負けが多かった時期がありました。

そこで私は、EA(自動売買トレード)に切り替えることにしました。

自動売買はまず、提供者が信頼できるかどうか、が大事だと思います。

フォワードテスト・バックテストが両方あるかとその結果や、質問できるか…質問内容に適切に応えて頂けるかなどを確認した後、

長期的に破綻しないシステムと、短期決戦(スキャルピングといいます)で稼ぐシステムと2通り入れました。

短期決戦で稼いだ金額は、長期運用のシステムに回します。

そうして運用することで、万一短期決戦のシステムのほうが破たんしても、資金を守ることができるからです。

取引収入・EAでの運用収入・アフィリエイト収入を合わせれば、どんどん生活が潤っていくことでしょう。私もそうでした。

XMを始めることで、資金繰りはバッチリ!になります。

是非今日からでも、口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

エントリー回数は少なくてもしっかり利益を狙うためには

女性・40代・FX投資

FXをはじめたのは2005年、一度大きなロスカットを経験していますが、約14年程投資しています。

FXの他にも金融商品はありますが、なぜFXを選んだのかというと小額資金で取引できるからです。

私が取引をはじめた当時はレバレッジの規制がなく、200倍や400倍で取引できました。

ただ、私の場合、そこまでレバレッジを掛けていなくて10万円を入金して1万通貨で取引していました。

10万円はパートで貯めたお金です。また、ポイントサイトやアンケートなどのネット収入も含まれています。

 

投資している通貨は主にユーロドルや豪ドル/ドル、クロス円以外の通貨ペア、デイトレードとなります。

ちなみに自動売買の経験はありませんが、以前、システムトレードで取引していた経験はあります。

ただ、勝ったり、負けたりの繰り返しでなかなか資産が増えないので途中で辞めました。

 

現在は裁量で取引しています。資金は50万円、2~3万通貨でポジションを持っています。

デイトレードでも毎日取引チャンスがあるわけではなく、月に10回程度のエントリー、利益と損失の割合は2、1を目指していますが、なかなか理想の取引にはなりません。

平均すると月に5万~7万円程度の利益を稼いでいます。

 

ハイリスク・ハイリターンこそが仮想通貨!

男性・40代・仮想通貨投資

数年前から仮想通貨まわりに興味を持ち、細々と余裕資金を使って投資をしています。スタンスとしては大穴狙いで、あまり世の中に話題になっていないアルトコインに狙いを定めて、知名度が低いタイミングで投資をする、というスタンスで仮想通貨には投資を行っています。

とはいえ海外の取引所にいきなり参加するのはかなり敷居が高いですしリスクも高すぎるため、基本的には国内の取引所で取扱が行えるものに限定して投資をしています。

一例を挙げると、リップルコインが出始めの時に、かなり初期のころに投資をしました。リップルは初期のタイミングではかなり値上がりの恩恵に預かれた仮想通貨で、ある時などは3日間で20%以上高騰することもあり、日々興奮して過ごしていたことを思い出します。

それに旨味を感じ、手広くいろいろなアルトコインに投資をして、額も膨らんでいきましたが、なかなか世の中はうまくいかないもので、多くの仮想通貨が価値が低落していき初期の含み益の大半は枯渇してしまいました。

幸いにも含み益を維持できた仮想通貨もあったため、あまり傷口を広げるまでに先日手仕舞いをしました。結果としてはとんとん、ちょっとだけマイナス、くらいなところに落ち着きました。

仮想通貨は極めてボラティリティが高い投資商品ですし、マイナーな仮想通貨はとくにそのリスクも、もしかしてうまく波に乗れたら大きなメリットがある商品かなと思います。

 

株式投資は長期運用で!

男性・20代・株式投資

総合商社系の銘柄の株式を購入しています。

中小規模の株式なので値が軽いということと、配当金の利回りが4%を超えているためこの銘柄に投資しています。もちろん業績は良好なのが前提です。

決算直後は値が上がりますが、しばらくすると下落してボックス圏での価格変動がパターン化しているので、基本ボックス圏の底値で購入しています。

余力がある範囲で底値で株式を購入後に、株価が上昇した時は放置しています。そして底値圏に株価が下落してきた時に購入して、持ち株数を徐々に増やしているような資金繰りを行っています。

あくまでも配当を目当てに長期での運用を目的としているので、ボックス圏で変動している間は、保有し続けるようにしています。

今後もしボックス圏の底値を割るような事があっても、ある程度のところで押し目買いを狙っていこうとも思っています。

それもすべては自分の手元に余裕がある金額を用意していることが前提です。

配当と業績が良ければまたある程度の株価に戻るであろうと信じて資金繰りを行っています。

昔は、底値であろうと思う株価で購入して、株価が上昇したら売るということもしていましたが、買うタイミングや売るタイミングがつかみにくかったのと、どうしても欲が出てしまって失敗する事があったので、現在のような資金繰りを行うようになりました。

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、投資原資を稼ぐためには《《《

 

その他のオススメ記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える
大口投資家の買い集めとレンジ相場
大口投資家の売り抜けとレンジ相場

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について