動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなくビットコインの投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

仮想通貨から、株式、FXとそれぞれの投資家の皆様から寄せられた投資と資金繰りについてご紹介します。それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になります。

明日の株価を知りたい・・

男性・30代・株式投資

若い頃に「明日の新聞を手に入れることができれば一攫千金も夢じゃないんだけどな」と聞かされたことがありました。

その人の言わんとすることは、明日の新聞に掲載される今日の株価を、今日のうちに知ることが出来れば、その株を今すぐ信用取引で買えばいいから、簡単に儲けられるという小話でした。

それからだいぶ経って、日経が出した株式入門的な本に書かれていた文章は、その時の知り合いの台詞をなんとなく思い起こさせるものでした。

曰く、「明日の新聞のスポーツ面を飾る記事で、巨人が勝った記事が載る確率予測は5割でしかない。しかし、株式は勉強さえすれば、巨人が勝つか負けるかを占う確率よりはるかに高い確率で株価を知ることができるようになる」というものでした。

株に関して、明日の新聞を手に入れることは、勉強次第でいくらでも出来るんだ!そう解釈したとき、心が欣快で高鳴りました。と、同時にいてもたっても入られない気持ちになり、勉強の成果を確実な株式投資で目に見える形にしたいと焦りました。

しかし、いくら確実に値上がりしそうな株を見つけても、信用取引だけは怖くて手が出せません。そこで真っ先思い出したのが学生時代、「明日の新聞が手に入れば・・・・・・」と夢みたいなことを言っていた友達です。

「明日の新聞を手に入れたから金を貸せ」といいました。

二人でかき集めた金を元手に、1,000万ほどの利益がすぐ出ました。

 

投資よりも、投資のための資金繰りの方が難しい

男性・20代・FX投資

父親がFX投資をしていて自分も始めようと思ったのですが、資金をどうすればいいかが一番の悩みどころでした。

お世辞でも良い給料をもらえているわけではなく、ギリギリの生活をしていたため貯蓄もほとんどなく、正直FX投資を始めるどころではありませんでした。

本来ならFXを始めるではなく、コツコツ働いて仕事をすればいいのですが、持病の悪化の影響により更に稼げなくなってしまったため、FXで稼ぐしかありません。

資金繰りでまず始めたのが、親に相談です。

FXの厳しさを知っている親なので当然反対されたのですが、なんとか説得して50万円ほど貸してもらうことができました。

ただ、まだまだ足りないと思ったので、必要最低限の物だけを残して全て売ることにしました。

コツコツ集めていたコレクションだったり、ちょっと高そうな貰い物などもあったため、50万円ほど作ることができました。

100万円あれば十分だろうなと思って始めたのですが、当然のように全て失い更に資金集めをしました。

銀行だったり消費者金融から借りるという手もありましたが、流石にそれをするとやばいと思ったので、保険解約をして資金を得るようにしました。

年齢が若いためさほど戻ってこなかったのですが、低資金でもなんとかなる海外FXのおかげで今はそれなりに生活できるぐらい稼げています。

FXをするよりも資金繰りのほうが大変で、もう二度と資金枯渇させたくないですね。

 

自分の老後資金をどう殖やす

男性・40代・株とソーシャルレンディング投資

資金繰りとしては自分の貯金を使いました。

老後に向けて貯めている貯金をさらに増やそうとして、当分使わない余裕資金から株とソーシャルレンディングに投資しています。

貯金は給料から毎月貯めたものでした。もともと学生時代から少しずつためていましたが、30代後半になって老後のことを考えた時に、老後の資金が必要だと考えて、この10年間で、月に10数万円をため、ボーナスは全額をつぎ込んで資金を作りました。

人から借りたり、ローンを組んだりすることは考えませんでした。もともと人からお金を借りることはしない主義です。両親からも借りたことはありません。

10年後には数千万になるだろうと計算して、実際にその通りになりました。この資金を銀行に預けていても利子がほとんどつかないので、投資先を探しました。

株や債券、FX、ソーシャルレンディングなど様々なものがありますが、日本株とソーシャルレンディングを対象としています。

株は配当金や株主優待を、ソーシャルレンディングは利回りを重視しています。

株やソーシャルレンディングに投資していけば、複利の効果でさらに増えるだろうと考えましたし、現在のところ、資金繰りは幸いにもうまくいっていると感じています。

 

厳しい生活の中から少額投資

男性・50代・不動産投資

不動産投資はリスクが高く、素人が安易に手を出すと痛い目に合うという認識を持っていました。

また、それにかける費用や知識、経験もなかったため、今まで気にしたことはありませんでした。

しかし、不動産投資型のクラウドファンディングというものがあり、少額投資が可能なことを知って興味を持ちました。

これであれば安全性に関しても比較的良好なようで、少額資金で可能ですし、実際に投資してみることにしました。

利用した業者は1万円から投資が可能で、私自身その最低金額で投資を実行しました。

1万円というと何でもない額に思われがちですが、私のように貯金があまりなく、ギリギリで生活している人間にとっては痛い出費です。

運用期間が終了するまで、何か特別な理由がなければ解約できないルールになっており、一定期間は投資資金が自由にできません。

私は投資資金を作るため、食費などの生活費を節約しました。

食費はその気になれば工夫次第で結構削ることは可能で、そこまで無理をしなくても投資資金を捻出することができました。

投資に関しては運用期間が短い案件を申し込んだため、資金を自由にできない期間もそんなに長くはありません。

実際は、余裕資金がある状態で投資に回したかったのですが、そういったお金がなかったため、生活費の節約という形になりました。

 

 

投資のおかげで年500万の貯金ができるようになりました!

女性・30代・FX投資

FXを行っています。その資金は全て自己資金です。

結婚し、子供がいる20代後半で始めました。その時には既に自宅をキャッシュで買う事が出来る貯金が私にはありました。

結婚してからも尚、夫婦の財布は別で私は正社員で働き、その分の稼ぎから生活費を引いた分は自分の自由に使う事が出来るお金です。

家を購入する時にはローンを組みました。その為、まだまだ自由に使う分はありました。

結婚前に1000万円の現金が私にはあり、結婚してから2500万円になりました。300万円の頭金で住宅ローンを組み、2000万円の資金がありました。特に使う事も無かったのでそのお金でFXを始めました。始めは150万円、レバレッジが大きくなると薄めるために50万円ずつ入れていき、今は700万円になりました。

今後も思惑とは反対に動き、お金を追加する事はあると思いますが、自己資金で充てるつもりです。現在の収入は年収450万円で手取り350万円程度ですが、FXのお陰で生活しても年間500万円近くの貯金が私個人で出来ています。

結構頻回にFXの資金を増やしていますが、特に問題はないかなと思っています。

いつかは、FXで稼いだ利益だけを元手に取引をして行く事が出来る様に毎日取引をしています。

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、投資原資を稼ぐためには《《《

 

その他のオススメ記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える
大口投資家の買い集めとレンジ相場
大口投資家の売り抜けとレンジ相場

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について