動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなく不動産の投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

大阪府内で不動産投資をされている大家さん(男性)から不動産投資のトラブルに関する体験談を頂きました。

不動産投資家なら必ずと言っていいほど遭遇するトラブル事例ですので、得に、これから不動産投資を考えている方にとっては必見ですね。

 

不動産投資にトラブルはつきもの!!

男性・30代・大阪府

自分は不動産投資をして10年ほどになりますが、様々なトラブルを経験してきました。

不動産投資を始める前は、期待が大きく、「トラブルがあったらどうしょう」なんて思ってもいませんでした。しかし、実際に不動産投資を始めると1年目からトラブルの連続でした。

 

不動産投資に不向きな物件

自分は不動産投資に対して独学ですが、ある程度は勉強してきたつもりでした。

しかし、「絶対儲かる」と強調する営業マンや購入を急かす営業マンなどのおかげで、不動産投資に不向きな物件を購入させられたことがありました。

これは、トラブルにあったというよりは「詐欺にあった」と言っても過言ではないかもしれません。

自分の不動産投資に対しての実力は棚に上げて「営業マンに推されて投資用の不動産を購入したが、赤字続きで全く利益がでない」と怒っていました。

今になって当初の投資用の不動産を調べてみると、「こんなリスキーな物件をよく買ったな」とつくづく後悔しています。

こういう対策としては、不動産投資に不向きな物件を騙されて購入しないことにつきます。

営業マンの手として、長々と話をして聞き手を疲れさせるケースや旬な話題を取り入れて注目させようとするケース、投資家の判断を鈍らせる方法など様々あるので、営業マンの言っていることは半分以上は聞き流し、自分がこの不動産に投資したいと思う物件を購入するようにしてください。

入居者が家賃を滞納する

家賃に関するトラブルが、不動産投資をしていて1番多いと感じています。

入居者がいたとしても、家賃を支払ってもらわなければ、空室状態と一緒です。

当然のことですが、入居者が家賃を滞納すれば、見込み通りの家賃収入には届きません。

自分の不動産投資仲間でも「せっかく空室になりにくい物件なのに、入居者が家賃を払ってくれない」と頭を抱えている人もいるくらいです。

このようなトラブルにならないようにするためには、しっかりとした入居者審査をすることです。

入居希望者の職業や年収、家族構成などをしっかりと審査していく必要があります。

自分の中で入居希望者の審査する時に意外と信用しているのが直感です。

「この人はなにかおかしい」「面倒なことになりそう」など自分の直感を信じるようにしています。

人を見かけで判断するなと怒られそうですが、自分が投資した不動産には、自分が信用した人に住んでくれた方が当然いいからです。

ここはしっかりと入居希望者の審査をすることが大事です。

まとめ

不動産投資において起こり得るトラブルは、他にも多数あります。

どれだけ投資家自身が気をつけていたとしても、防ぐことができないものもあります。

そんな不安をある程度解消してくれるのが、不動産管理会社です。

不動産管理会社も良いところもあれば悪いところがありますので、きちんと選ぶ必要があります。

不動産管理会社の実績や他のオーナーの口コミなどを参考にして選ぶことで、トラブルの時の対応力や家賃回収率が高い不動産管理会社を選ぶことができます。

自分が経験してきたトラブルを参考に紹介してきましたが、不動産投資にはトラブルが付き物です。

なるべくトラブルを少なくするように対策をしていくようにしましょう。

》》》地震保険・火災保険を活用して、大家さんのお金の悩みを解決する《《《

 

投資と資金繰り
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事
地震・火災保険を、わたしはこう活用した

不動産投資を成功させるコツを現役大家さんから学ぶ!
アパートを1棟を購入してみての感想
不動産投資は管理会社次第!
不動産投資を成功させるには業者とのチームワークが大事

迷惑な入居者から不動産物件を守る
迷惑入居者を大家自らが退去
家賃滞納者を司法書士に依頼し退去させるまで

不動産投資とリスクを体験談から学ぶ
不動産投資にまつわる苦労、親戚付き合いに近所付き合い
不動産投資は長い目で考えなくてはならない
不動産投資を続ける為のリスク回避について
不動産投資にトラブルはつきもの
入居者に喜んで貰える大家さんになるには

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について