動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなくビットコインの投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

色々な方々の仕事にまつわる資金繰りについてご紹介します。

直接的に投資とは繋がりませんが、それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になりますし、何かしらの気づきもあると思いますのでご参考になさってください。

 

過去最高に貸家の資金繰りが厳しい状況・・

女性・40代・設計

会社全体の資金繰りが危うい状態が1年ほど続いています。

これまでは経営者から借り入れをするなどして乗り切ってきました。銀行やローン会社などからの借入金はありません。

さい会社なので足元を見られるのか金額が安くないと受注することができず、状況が全く良くなりません。

さてこれまでは経営者からの借り入れだけで乗り越えてきましたが、現在は過去最高に厳しい状況です。

次の入金があるまでの残高が、通帳と現金合わせても5000円を越えない有様です。

経営者には相談していますが、明確な指示もないため、次の入金までが厳しいです。

社員が必要なものを購入したとして立替払いをしてきたとしても、今は払えないため、時期を定めて保留にしてもらっています。

最終的な決断は経営者が決めることと思いますが、ローンを組んだところで返せる見込みがあるとは感じません。

私は事業者ローンを組んだ経験はないのですが、現状の段階で貸してくれる銀行はないのではないかと判断しています。

現状に関して、私の権限でできることはひとつもなくなりました。

これ以上削減できる経費もないため、あとは経営者が追加で会社に貸付をしてくれる以外に方法はないと考えています。

 

小さな建設会社の資金繰り

女性・40代・建設業

長年、小さな建設会社の経理を担当しております。

工期が長い仕事などは入出金のタイミングが合わず運転資金として、短期で借り入れをする場合は地元の信金などを利用する場合があります。

また社長個人のポケットマネーから一時的に現金を借り入れしたり、預貯金が多い社員などに手形と交換する形で現金化してもらったりという事も昔はありました(手形の割引に結構な手数料が取られるため)

会社が黒字経営の時には節税目的の保険加入等で月額の大きな保険に入ったりしていますが、赤字の年はそれを解約したり契約解約を繰り返すことも時にはありました。

不景気などで資金繰りが悪化、長期的に借り入れを必要とする場合などは大手銀行、地方銀行と順に取引している銀行に融資をお願いするのですが、何本かある借入を残年数が短い物や金額が少ない物をまとめてまた借入すると言う手法をとることが多いです。

また、地元の商工会に加入している場合ですが銀行よりも安い金利で融資を受ける場合もあります。

自己資金に余裕がある際は、必要のない借り入れ、超短期で返済をし契約の実績を作って置き(この場合金利だけマイナスになるリスクがあります)いざと言う時の為にプロパーの枠を作ったりもします。

 

 

資金繰りの厳しさを肌身で・・

男性・50代・製造業(いわゆる東京の町工場)

いわゆる東京の下町の、家族と数人の従業員で運営している工場でした。

主に工業機械のプラスチック製の部品を作っていました。

御存知のとおり、こういった町工場で作る製品の単価はものすごく安価なものがほとんどです。

そのためどの工場も自転車操業になりがちで、私の場合もそのとおりでした。

銀行から資金繰りしては、月々返済し、返済が終わる頃になると、銀行の方からまた融資の話がきます。

もちろん確定申告書など、財務状況など確認されてのことです。

ただし、銀行から話は来ますが、まずこちら側が申し込みをするのは、中小企業センター内にある東京商工会議所が運営する、融資の相談窓口です。

ここに確定申告書など財務状況がわかるものを持参し、融資をお願いしたい旨を相談して、資料をもとに融資が可能かどうか、判断されます。

その結果が銀行に伝えられ、銀行からこちら側に融資できるかどうかの連絡があります。

こうして初めて融資してもらえるようになります。これは私の工場があった品川区の例です。

また、この中小企業センターには、起業を目指す人たちも直接やってきて、相談することも可能です。特に若い人たちが多いようですが。

そこでの話しを聞いていると、いかに資金繰りが大変かがよくわかります。以上になります。

 

工場の海外進出に伴う資金繰り

男性・30代・製造業

工場の海外進出はこれまでも数度ありましたが、当案件は過去最大規模となり、投資額も数十億円という案件になりました。

私は当案件の財務関係を担当し、資金調達方法の検討から役員会で承認を得るための資料作りを担当しました。

資金調達については、親子ローンは為替リスクの問題から1円も借入することができず、最低限の資本金と残りは外部調達するしかありませんでした。

外部調達については、銀行借り入れと一部の設備をリースすることになりました。

銀行借入は数行に相見積もりを取りましたが、一番条件の良い一行だけに絞らず、声をかけたすべての銀行に振り分けました。

これは多額だったということと、一行に絞ってしまうことで将来的に業績不振となり追加資金が必要となった際に、その一行からの追加借り入れが厳しくなる可能性や今回断った他行からはそっぽ向かれて非協力的になる恐れを懸念したためです。

こうしてバランスよく借入を行ったことにより、実際に追加借入が必要になった際でも、業績不振にも関わらず、どの銀行も協力的に資金追加して頂くことなり、スムーズな資金調達を継続できています。

また「○○銀行さんはこの金利だった。」と若干盛った金利を伝えれば、ほとんどのケースでその水準まで下げてもらえ、複数の銀行からの借入でも実質の条件はほぼ一緒でした。

 

自営業の資金繰りは永遠に続く・・

男性・40代・農業分野

私は2019年から農業分野での自営業をはじめました。

起業にいたるまでは働きながら2年ほど栽培・管理・収穫・その他の事務的なことを習得し、同時に起業にむけての貯金を行ってきました。

そして今春、ようやく事業を開始することができたのですが・・・・、自分で計算していた資金繰りとはまったく違い、出費がかなりかさんでいました。

農業分野での起業は他業種の何倍かの初期投資がかかるものであることは自分でも理解していたつもりですが、予定外の出費が多々あり機械代金等でどうしても200万ほど足りません。

まず、起業資金融資を考えましたが支払い日まで間に合わないこと、事業者ローンの審査は起業したての私には過去の申告書もなければ過去の実績はなにもなく、おおむね無理であること、自分の貯金は今後の生活費等で切り崩すことはリスキーすぎることから考え抜いた末に、100万を知人の農業経営者にお願いし年末までお借りすることにしました。

もう100万は親に相談し短期的に借りることにいたしました。

お金を知人・親類から借りることはとても心苦しいことであるのは誰もが知っていることであります。

しかし心を強く持ちお願いし借りることができました。

自営業者にとって資金繰りは経営している限り永遠につづく悩みであることを経営開始直後に思い知らされる出来事でした。

》》》地震保険・火災保険を活用して、投資原資を稼ぐためには《《《

 

その他のオススメ記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える
大口投資家の買い集めとレンジ相場
大口投資家の売り抜けとレンジ相場

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について