動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなくビットコインの投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

色々な方々の仕事にまつわる資金繰りについてご紹介します。

直接的に投資とは繋がりませんが、それぞれの立場からの視点の違うお話しが参考になりますし、何かしらの気づきもあると思いますのでご参考になさってください。

 

地方銀行から資金繰りで助けられた

男性・30代・小売りの法人向け営業

家族経営の小売店を運営しているのですが、運転資金がある時に不足をしてしまい困り果ててしまいました。

既に取引のあった地方銀行から500万円の事業者ローンを組んでいたのですが、その担当者から融資額を1000万円にして、既に借入済みであった500万円はそこから返済をするという形にしてはどうかと提案がありお願いしました。

その上で、金利が地方銀行は高いので、信用金庫から新規の事業者ローンの申し込みをして、問題なく審査を通過したので新たに500万円の借入を行いました。

このおかげで資金繰りがかなり楽になり、経営に関しても少し余裕ができました。

資金繰りが難しい時には、家族経営ですので、社員の給料を何割かカットしたり悪あがきをかなりしてみたのですが、所詮は自転車操業のような状態も長く続いたのですが、新たに融資を受け、少し余裕ができるようになると設備投資や思いきった企画などを顧客に提案できるようになりましたので、それがうまくいきつつあり、順調に融資を受けた額を問題なく返済しています。

地方銀行の現在の担当者とは、他の事業でも付き合いがあり、気の合うパートナーのような存在だからこそ助けて頂けたと感謝しています。

 

ギリギリの状況からなんとか立ち直りました

男性・30代・介護事業

要介護者(要介護1~5・要支援1・2)の認定を受けている方を対象とした施設の経営を立ち上げ経営するため、事業計画を立てた所、設備投資や運転資金、初期投資などの資金を計上し、概算で合計2000万円ほどが必要であると見込みました。

そして、私の自己資金が1000万円ほどであったことから、地方銀行の金融機関で融資を受けるため、事業計画書を作成の上、何度も何度も足を運びました。

思考錯誤を重ね、銀行の融資担当の方と話し合いをした結果、1000万円の融資を受けることだができました。

融資を受け、まずは設備に支出し、従業員も確保することができ、開業に至ったのですが、当初は思うようにご利用者様の獲得に至らず、人件費にばかりお金が飛んでいく 月が続いてしまいました。

そして1年後、予定していた事業計画通り事業は進まず、融資金も底を突きそうになった時、融資を受けた銀行に相談し、事業者ローンと個人ローンを受けることになりました。

ですが、当初融資を受けた融資金よりも金利が高く、返済に追われる月が続きました。

もう、後が無い状態になり、地を這いつくばるように営業に出る日々が続きました。

すると、徐々に成果が出て事業所自体の信頼も出てきて、口コミも広がり、利用者様が増えてきて、返済も順調にできるようになってきました。

私が、銀行の事業者ローンや個人ローンを利用した理由は、融資を受けた銀行の融資担当の方と経営の状態を含めて相談し話し合ってきたからです。

 

 

鉄道模型の転売で脱サラ起業を達成

男性・30代・野球用品(主にグラブ・スパイク)の修理工房

私は現在31歳の独身男性です。学生時代は野球に明け暮れ、青春のほとんどを費やしました。

当時、高校の野球部にはお抱えのスポーツ用品店があり、そこに在籍していた若い社員がグランドに来てくれ、グラブやスパイクの修理を行ってくれました。

私は野球のプレー然り道具にも非常に興味がありましたので、その様な仕事に憧れていました。

その後、四年生の普通科大学まで行き卒業し、新卒で半導体関係の商社に入社しました。

サラリーマンを続けていく中でどうしても野球関係の仕事への夢が捨てきれず26歳の時に2~3年スパンで会社へ立ち上げることを決意しました。

1人での立ち上げを決めていたため、人数的に用品店の運営は困難でありました。

そこで店舗を持たずに体と技術があれば出来る修理工房を選択しました。

先ずは、設立資金として工房用のワンルーム部屋(53,000円/月+敷金・礼金)、クラブやスパイクの縫い付け用ミシン(中古/120,000円)、クラブ革紐各種(200,000円)、スパイク用具各種(靴紐、P革、塗りP革、紐カバー)(300,000円)、ドライバーやニッパーなど小物各種(50,000円)、移動用軽自動車(中古/1,300,000円)、会社設立費用(1,000,000円)の3,500,000円弱が必要でした。

設立資金については、サラリーマン時代の給与から全て用意しました。

銀行や友人、両親から借りることは一切していません。

私は独身のため、そこまで窮屈な生活せずに用意可能でした。

その他は副業としてせどり(転売)から資金集めをしました。

サラリーマン生活は会社の方針もあり、そこまで窮屈(過度な残業や休日出勤)ではなく、せどりを行うには十分な時間が確保出来ました。

私は主に鉄道模型(巷ではNゲージとも呼ぶ)を大型リサイクルショップから仕入れ、専門店やインターネットオークションで売っていました。この方式で年間300,000円程は稼げました。

私の友人に大の鉄道模型マニアがいて、彼の話を聞いたところ「一個ないし1セットあたりの単価が非常に高く限定物や年代物(その当時しか販売されていない物)が多いため容易にプレミアがつく」とのことでした。

リサイクルショップ等は深いところまでの価値が分からずに仕入れ販売(鉄道模型などは本当のマニアでないと分からない部分が多いため)をしているため狙いところと思い始めました。

この様にして着々と資金を集め、30歳の4月に無事に工房をオープンすることが出来ました。

 

ソフトウェア開発会社の資金繰り

男性・40代・IT業界 

私の会社では、ソフトウェア開発をメインにしたビジネスを展開しています。

受託開発であったり、自社開発したソフトウェアを顧客に販売して、ライセンスの売上高を計上しています。

しかし、一時期、ソフトウェア開発に手元資金の大半を投入してしまった結果、社員の給与支払いやオフィスの賃料支払いといった運転資金の工面にまで苦労するようになってしまったのです。

そこで、開発部門と財務部門で協議して、メインバンクの都市銀行から融資してもらうことにしました。

そして、融資を受けるにあたって、メインバンクの支店の担当者に対して提出する事業計画書や、資金繰り表、損益計算書などの書類を作成しました。

事業計画書の内容の骨格は、すでに開発が完了した自社開発のソフトウェアが、今後大幅に売上高を増やすため営業キャッシュフローが増加し、1年後には手元資金が潤沢となるというストーリーでした。

銀行の支店の担当者に事業計画書などの書面を提示し、さらに支店長とも面談して、無事、2億円の運転資金の融資を受けることに成功しました。

運転資金として借金をしたため、短期の融資でしたが、資金調達としては成功です。

今回、銀行からの借金という方法を選択した理由は、大株主でもある創業者の社長が、第三者割当増資を実施したくないという意向を示したためでした。

増資をすると、創業者の持ち分比率が減少してしまうため、会社に対する支配権が弱まってしまうと考えたようでした。

 

金融機関のIT部門の資金繰り

男性・50代・金融機関のIT部門

担当は、金融機関のIT部門のシステム企画・セキュリティ対策担当。

新たに導入するシステムや更改が必要なシステムについては、年度計画を策定のうえ予算措置をすることとしている。

金融機関で使用するシステムのため、そのシステム規模等からその導入・更改により発生する初期費用は大きい。

しかし、それとは別にセキュリティインシデントが発生した場合の予算は確保していないのが実情です。(他社もセキュリティインシデントを想定した予算の確保はしていないと思います。)

このような環境でホームページに対するDDoS攻撃を受け、その攻撃は、深夜かつ短時間であったため、大きな顧客影響はなかったものの(情報漏えいはありません)、経理からは早急な対策を求められました。

自社のHPは、プロバイダー等のサービス利用型ではなく、自社でサーバーを保有し更改している環境。プロバイダー利用であれば、プロバイダーが提供するサービスを利用するれば良いだが、サーバー自社所有となると自社個別の対応が必要となります。

結果、年間運用費用(サービス使用料)数千万円、初期費用1千万円という対策を実施。

他の年度の案件からは、予算をカットできず、経営層に直談判のうえ、例外措置として予算を確保。

資金繰りという考えからは外れていますが、セキュリティインシデントが発生し、かつ顧客取引に影響があった場合や顧客情報が漏えいがあった場合には、数億円単位の費用が発生することを考えると安かったのかもしれません。

中小企業の経営者の方々には、サイバーセキュリティ保険の加入をお勧めしたいです。

自社は万全と思っていても、サイバー攻撃は、いつ何時、どのような方法で攻撃されるのか予想もつきませんから・・・

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、投資原資を稼ぐためには《《《

 

その他のオススメ記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える
大口投資家の買い集めとレンジ相場
大口投資家の売り抜けとレンジ相場

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について