まずはFX取引になれよう

FXの取引口座を開設したら、FX取引が出来るようになります。

取引ができるのですから、まずは少額でポジションを持つことから始めましょう。
FXの書籍を読んだり、FXを説明する動画を見たりするのも良いですが、実践がやはり1番重要です。当たり前のことですね。

FX取引を始めることで、自分に足りないことが気づけます。
もちろん、FXに対しての知識が不足している事はわかってはいるのですが、例えばFX業者のツールの操作方法がわからない、MT4などのツールの操作方法がわからない等々、自分のやりたいことに対して、どのような知識やスキルが不足しているのかが分かるには、やはり実践で取引をしてみるしかありません。

 

取引をしていくと、含み損を抱えたり、ときには予想外に利益が取れる時もあります。
しかし、世の中はそんなに甘くありませんので、大方の場合は少しずつ損が増えていくことになります。

ポジションは少なくとっているはずですから、損が出たとはいっても大きな損失では無いはずです。
市場で生き残るためには、退場しないこと、すなわち、とても大きな損失にならないことが重要です。

まずは小さなポジションで売買を繰り返すことで、ツールの操作方法や、チャートなどに慣れていきましょう。
少しずつ取引を繰り返すことで、急なタイミングでの大きな値動きなどに出会うこともあるはずです。

習うより慣れろではありませんが、FX取引に習熟するためには、取引を繰り返していくことが1番の早道です。

 

FX取引をはじめるとすぐに、自動売買システムやEAなどを導入しようという方がいますが、ある程度FX取引に慣れてから使うようにしましょう。
これらの取引やツールには、長所とともに短所があります。
「今はこのツールを使った方が良い」、または、「ツールを止めたほうがよい」など見極めができるようになってから、自動売買システムやEAを導入するようにしましょう。


FXはちょっとしたコツをつかむことで勝率が上がります⇒ FXで勝ち残るための秘訣


無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について