今回は、あなたがクレジットカードを作る場合の順序についてお話しします。

クレジットカード初心者の方でも、既に何枚か保有している方にでも通用する内容をお伝えしますね。

 

クレジットカードを短期間に何枚か作る場合は、順序を考えよう!

 

クレジットカードを短期間で効率よく作成する場合、どのクレジットカード発行会社を利用するのか良く考える必要があります。

 

クレジットカードの発行会社は

大きく分けると

 

銀行系カード

その他、金融機関系カード

流通系カード

その他大手企業系カード

その他中小企業系カード

 

に大別されます。

銀行系カードは、都市銀行地方銀行が発行するクレジットカードです。

 

その他、金融機関系カードは、銀行以外の金融機関が発行するクレジットカードであり、消費者金融の会社が発行する場合、信販会社が発行する場合があります。

 

流通系カードは、大手百貨店スーパーなどが発行するクレジットカード。

 

その他大手企業系カードは、JR私鉄航空会社大手自動車会社など、上記に該当しないものの、大手企業が発行するクレジットカード。

 

その他中小企業系カードは、上記に当てはまらず、中小企業が発行するクレジットカードです。

不動産会社が入居審査の代わりとして入居者に作らせたり、地方のメーカーなどが発行するクレジットカードで、知名度がそれほど高くない会社が発行するクレジットカードです。

 

狙い目は流通系カードなので、流通系を後に作ることが大切!

 

あなたも、クレジットカードの審査が緩いのは流通系カードであることは知っていると思います。

 

ですので、クレジットカードを作る順序としては、

 

1枚目、流通系以外のクレジットカード

2枚目、流通系のクレジットカード

3枚目、流通系のクレジットカード

 

の順序がオススメです。

この方法ですと、1ヶ月の間にまとめて3枚作ることもできてしまいます

 

クレジットカードのアフィリエイトブログなどの記載では、『カードを作るのは1ヶ月の1枚に抑えましょう』と書かれていたり、『カードを作るのは半年ごとに1枚が理想です』と書かれているのを目にされたこともあると思います。

 

実際その通りで、

クレジットカードをまとめて作成すると、

カード発行会社から『この人はお金が必要なのかな?』と勘ぐられて、本来であれば審査が通るはずの人でも、審査が通らない場合があるのです。

 

ですので、1ヶ月の間にまとめて3枚作るという方法は、どうしても作る必要がある人のみ参考にされてください。

 

クレジットカードの量産作成!

 

まず1枚目は、あなたが欲しいと思っているクレジットカードを作成しましょう。

流通系以外のカードが望ましいかとは思いますが、もし、流通系カードを欲しいと思っているのであれば、そのカードでも構いません。

 

申込みをして、しっかりと発行されるまで待ちましょう。

 

1枚目のクレジットカードが手元に届いたら、次は2枚目の作成です。

 

2枚目は、流通系のクレジットカードを作成します。

狙い目は、セゾンカードですが、セブンカードとかでも構いません。

こちらも申込みをしたら、カードが手元に届くのを待ちます。

 

最後の3枚目も、流通系のクレジットカードを作成しますが、オススメはエポスカード、又は、セディナカードです。

この2枚は、流通系カードのなかでも比較的審査が緩いといわれています。

エポスカードは若者に人気の丸井(OIOI)が発行するカードですので、審査が緩いというのは何となく理解できますね☆

セディナカードが流通系のなかでも比較的審査が緩いことに関しては理由が良く分かりません。

 

また、3枚目の作成のときは店頭申込みができるのではあれば、店頭申込みをしましょう。

ネット申込みでも問題ないとは思うのですが、ご自身の属性が低い(審査に通りずらい)ことを認識されている方などは、できるだけ店頭での申込みの方がいいかもしれません。

 

もちろん、カード会社の審査次第なので、必ず1ヶ月で3枚のクレジットカードが作成できるわけはないのですが、この方法であれば、たいがいの方であれば作成できるはずです。

ひとつだけ、認識して貰いたいのはカードの与信枠です。

3枚ものカードをまとめて短い期間で作成していますので、特に3枚目に作成したカードなどは与信枠があまりなかったりもします。

ある方などは、5万円だったようです笑。

 

というわけで、基本的には短期間でのクレジットカードの量産作成はオススメできませんが、どうしても必要という方もおられると思いますので、記事を書いてみました☆

関連記事
お金が戻ってくる! 地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える

 

 

 

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について