テクニカル分析でつかみ取るべきFXの本質とは

テクニカル分析をはじめると、様々な手法があるので、どれを学べば良いのか分からずに「テクニカル分析って難しいな」と感じると思います。
しかも、ネットで調べると、様々なテクニカル分析が見つかりますので、何がなにやら訳が分からなくなります。

主なテクニカル分析としては、
ローソク足や移動平均線、RSI、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャストテックス等々があります。そして、さらにこれらの分析手法を拡張するなどして、さらに派生させた分析手法なども含めると、数限りないテクニカル分析手法があるように感じられるでしょう。

しかも、オシレーター系、トレンド系、時系列、非時系列等々、テクニカル分析手法を様々な要素で分類するなどして、とにかくFX覚えたてだとややこしいことややこしいこと。
ある程度FXに慣れてくれば、テクニカル分析など別に難しくもないのですが、最初はどれから使っていいのか迷うはずです。

そして、重要なことですが、テクニカル分析手法を覚えたからといって、稼げるようになるわけではありません。
FX歴○年といった個人投資家でも稼げていない人は普通にいますし、テクニカル分析にやたら詳しい人でも稼げていない人はいくらでもいるのです。

 

FXの本質を掴まないと稼げない

FXで稼ぐには、テクニカル分析で何を見るべきかを明確に意識できている必要があります。
意識できていない方々はFX歴がどんなに長くても稼げていませんし、意識できていれば新規参入者でもそこそこの勝率にはなります(ただし、新規参入者は経験が不足しているので大きくは稼げません)。

では、テクニカル分析で見ているものとはなんなのでしょうか。
それは、今現在で投資家は儲かっているのか損しているのか、ということです。

 

移動平均線で理解すれば簡単です。

例えば、移動平均線の場合、
移動平均線よりも上にチャートがあれば ⇒ 儲かっている投資家が多い
移動平均線よりも下にチャートがあれば ⇒ 損をしている投資家が多い

ということです。

 

移動平均線で説明されると、当たり前のことを言っているように思えるかもしれませんが、
移動平均線に限らず、テクニカル分析は投資家が儲かっているのか損をしているのか、を見ているのすぎないのだと理解できるようになりましょう。

逆を言えば、「このテクニカル分析だと投資家が儲かっているのか損をしているのかがわかりづらいな」という場合は、その分析手法は邪魔なだけなのです。

FXに慣れてくると(熟練する必要はありません、慣れで十分です)、今の相場で、投資家が儲かっているのか損をしているのかがなんとなくですがわかってくるようになり、値動きが理解できるようになってきます。投資家の総意が理解しやすいというべきでしょうか。(もちろん完璧とはいきませんよ)

値動きが理解できるようになってくると、FXが勝ちやすくなってきます。

もし、EAなどの自動売買のツールの導入を考えていたり、何らかのFX商材の購入を考えている方は、まずは、FXの本質を掴めるようになってから購入することをお勧めします。「FXがよくわからないから、自動売買をはじめよう」では勝てませんのでお間違えなく。

まずは、裁量トレードのやり方をしっかりと身につけましょう。
XM(XMTrading) の公式サイトから口座開設して自分の力でトレードすることに慣れてから、自動売買にはチャレンジしてくださいね。


FXはちょっとしたコツをつかむことで勝率が上がります⇒ FXで勝ち残るための秘訣

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について