動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなく不動産の投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

東京都で不動産投資をされている大家さんから不動産投資にまつわる体験談を頂きました。

今回は、資金繰りに関しての体験談です。

色々と気付きのある内容となっており、今現在では借り入れできない属性の方でも、参考になる部分が多々あります。

 

不動産投資の場合、資金繰りは個人的な信用がものを言います

きぬさん・60代以上・東京都

 

個人でアパートを建てる場合今だと丸投げして引き受けてくれるシステムが多くなりました

あなたのアパート建てませんかなどとキャッチフレーズが結構見受けられます

ただこの場合その会社の指定するアパートを建てることになります

なので自分の自由にというかそういった縛りなしにアパートを建てるとなると自分で根性を入れてあれこれ用意しなくてはなりません

 

建築会社を探すことから始まり、設計、そしてもちろん資金繰りもです

私の場合、借地権付きでしたが土地はありました。建物は、自宅の老朽化もあって建て替えを考えたわけです

その際に自分の住居以外をアパートにして家賃で建築ローンを返すという方法を選びました。建築会社の人に勧められたということもあります

ただ一戸建ての普通の家を建てるよりも勿論資金はかかります

一戸建て用の資金はそこそこ準備できていましたが流石にアパートになると不足します

その不足分が家賃を充てて返済する借入金になるわけです

これは普通土地を担保にという場合が多いですね

しかしうちの場合は借地です

 

 

もちろん借地権というのは強いものなのでそれを担保に借り入れも出来ないわけではありません

加えてアパート建築という不動産目的のために借り入れるのですからそれほど難しいことはないわけです

建築会社の方でもその点は留意してくれます

ただ問題になりそうなのが私の年齢でした

 

普通にローンを組むのにはいささか年齢が行っているのです

返済までに25年のローンだとすると本当に返せるのかと自分でも疑ってしまうところはありました

なのでこの審査が通るのかは建設会社の方もちょっと気になると言っていたのです

 

幸い申し込んだ銀行は私の長年の取引銀行の1つでした

メインバンクではありませんがそれなりの金額を預けて時には運用も頼んだりしていました

また実際建築費用の一部は自己資金でまかなえるということは証明できました

どうやらこの2つが決め手となったらしく思っていたよりもあっさりと融資が決まってくれましたこれには自分が最も驚いた言っていいでしょう

顔つなぎって凄いなあと思いましたし建築会社の方も結構驚いていたようでした

 

個人でのアパートの経営なのでそれこそ個人でお金も借りてと言う形になります

建築会社の後押しがあっても借りるのは自分だったのです

結果わかったことですがやはりその土地に住んで長くしかも銀行などの取引をごく普通にでも続けていればそれなりに信用というものが出来ます

 

また他にも借入金があった場合もそうですが小さなところではクレジットカードの引き落としなども問題なく出来ているということが信用に繋がりますね

個人でなにかこういったアパートの建築や経営を目指す場合この信用でかなりの部分がカバーされます

またもう1つこの借入した銀行のスタッフ何人かとは顔見知りだったのも結構ポイントだったと思います

近年何かと言うと数字などの無機質なもので借り入れなども決定されてしまいますがそれでもまだこういった顔がつなぐ縁での信用というもの馬鹿にできません

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、大家さんのお金の悩みを解決する《《《

 

投資と資金繰り
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事
地震・火災保険を、わたしはこう活用した

不動産投資を成功させるコツを現役大家さんから学ぶ!
アパートを1棟を購入してみての感想
不動産投資は管理会社次第!
不動産投資を成功させるには業者とのチームワークが大事

迷惑な入居者から不動産物件を守る
迷惑入居者を大家自らが退去
家賃滞納者を司法書士に依頼し退去させるまで

不動産投資とリスクを体験談から学ぶ
不動産投資にまつわる苦労、親戚付き合いに近所付き合い
不動産投資は長い目で考えなくてはならない
不動産投資を続ける為のリスク回避について
不動産投資にトラブルはつきもの
入居者に喜んで貰える大家さんになるには

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について