動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなく不動産の投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

大阪府で多数の不動産を所有されている大家さんから不動産投資にまつわる体験談を頂きました。

不動産投資に関わる手数料は自分が動くことでかなり抑える事ができる訳ですが、それを実践されている大家さんです。参考にされてください。

 

ボロヤ大家の独り言

モリモリ大家・男性・大阪府

 

大家歴8年所有物件60件すべて(30年50年)戸建ての大家です

まず私の労働時間は週に1回あるかないかの新規物件内覧程度であります。

もちろん物件購入になれば契約やなんだで不動産屋に出向いたりすることはあります

あとは税務関係に取られる時間が年度末になればあるくらいです

つまり基本的には何もしていません

そんな大家生活を送っている私ですが、まずは物件購入時に私がしている事を少しお話しようと思います

 

まず物件購入時にかかる必要経費

①物件購入に対する売買手数料

②火災保険の加入

③登記に関する費用手数料

これは物件代金とは別にかかってくる費用になります

 

 

①物件購入に対する売買手数料

売買手数料は仲介不動産屋を通せばかならずかかってくる費用になりますこれを値切るといい物件を紹介してもらえなくなります

しかし不動産屋が所有している物件を購入する場合にはかかってこないのです

ですので仲介されている物件より数十万かかる費用が少なくなる場合が多いです

 

②火災保険の加入

大手不動産屋で購入すると火災保険も不動産屋の勧められるがままに加入する流れになります不動産屋がもってくるプランというのは不動産屋にバックがおおいプランとなっていますしかも支払い方法も5年の一括払いなどです

実際お勧めの火災保険はセコム保険などの非常に保険料が安い保険会社で10年契約の1年ごと払いプランですこれは10年契約とはなっていますが途中解約に対するペナルティーは無くただ10年自動更新されますよというだけです

数年分一気に支払うより手元に現金を置いておきたい大家としてはコチラを選択したいというのは必然です

 

③登記に関する費用手数料

売買時購入する私は自分で登記しています

登記って難しいのでは思っている方は多いと思いますが非常に簡単です

まったくの素人でも15分程度で完了します

法務局には登記相談窓口という窓口がありこれは登記したい人を全力でサポートしてくれる窓口で素人が出向いても完璧にサポートしてくれ簡単に登記を済ませることができます

登記には必要書類がありますが、しかしその必要書類のほぼ95%は相手方の司法書士さんが用意してくれます

そう売買時の不動産登記の書類の95%は売り手側が用意するのですでは買い手側は自分の住民票法人の場合は手ぶらで大丈夫です

ですので司法書士の先生にお願いして高い手数料を払うという事は私はしていません

ただし売り手側になる場合は司法書士を使いますこれは手前に不備があり先方さんが迷惑を被るのを防ぐためです

買い手の場合、不備があっても自分がもういちど法務局に行けばすむ事なので

 

以上が私が不動産を購入する時に少ししている工夫になります

私が購入するボロ屋は売買金額が100~300万程度のものが多く上記手数料に10~20万かかってしまうとそれは投資額の10%~にも相当してしまうことになるのでやはり自分で出来ることは自分でしようといろいろ調べた結果以外と簡単に登記ができるという事が解ったり火災保険などもプランや契約の方法で出費を抑えれるという事がわかりました

》》》地震保険・火災保険を活用して、大家さんのお金の悩みを解決する《《《

 

投資と資金繰り
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事
地震・火災保険を、わたしはこう活用した

不動産投資を成功させるコツを現役大家さんから学ぶ!
アパートを1棟を購入してみての感想
不動産投資は管理会社次第!
不動産投資を成功させるには業者とのチームワークが大事

迷惑な入居者から不動産物件を守る
迷惑入居者を大家自らが退去
家賃滞納者を司法書士に依頼し退去させるまで

不動産投資とリスクを体験談から学ぶ
不動産投資にまつわる苦労、親戚付き合いに近所付き合い
不動産投資は長い目で考えなくてはならない
不動産投資を続ける為のリスク回避について
不動産投資にトラブルはつきもの
入居者に喜んで貰える大家さんになるには

 

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について