動乱の金融戦争をどう生き残る??

リスクなく不動産の投資原資を稼ぐ方法とは?!

LINE@にてその方法を無料配信中!!

友だち追加

 

東京都でアパートの自己管理をされている大家さんから、貴重な体験談をお寄せ頂きました。参考にされてくださいね。

 

保険金は節約したいけどでも損して得取れということも

きらら・女性・60代以上・東京都

 

アパート経営で、しかも自分で大家をやるつまり管理を自分でできるのは、正直若い間だけだと思います。管理には本当に体力が必要です。

そしてもちろん、気力も必要です。資金も、初期費用はかなり必要です。

アパートが建ってそののちは、できるだけあれこれ節約したいなあと思って当然です。

でまあ、ひと落ち着きする前に、保険はどうしようかと迷ってしまったのです。

 

当然火災保険には入るつもりでしたし、地震などの災害保険にも入っておくのは常識と思っていました。

木造のアパートでは、台風などの自然災害にも強いとは言えませんし、何かあった時に自分での管理だとやはりお金の問題が最も大きいですよね。

保険金は結構お財布には厳しいものの、でもやはりと思ってそれなりの保険に入ることにしました。

しかしここでまた、問題が起きたのです。

保険会社の担当に、施設賠償責任保険を勧められたのですね。一瞬、それ何と思ったのは事実です。

よくよく聞いてみると、例えばアパートの外階段が一段だけでも緩くなっていて、そこに居住者が足を突っ込んで怪我した、などという場合の賠償金を補償する保険です。

正直ちょっと考え込みました。というのも、実際のところアパートオーナーがアパート全体にかける保険というのは、決して安くはありません。

またこれは他の保険もですが、もし何かあって保険金をもらったりすれば、その後の保険の支払いが上がる、などということもあるのです。

そして何もなければ、保険の掛け金は掛け捨てになります。

そう考えてしまうと、ただでさえ高い保険料に上乗せする価値はあるのだろうか、と考え込んでしまったわけです。

またそういった事故で怪我した人が、必ず賠償を求めてくるとも限りません。そんなこんなで財布とにらめっこしつつ考え込んだものです。

 

しかしある時、同じようなアパートのオーナーの集まるサイトで掲示板を見ていたら、同じような立場のオーナーさんがいたのですね。

読んでみたら、同じく賠償というちょっと特殊な保険なので、新築だしまあ当分はいいかとかけなかったそうなのです。

しかしこれが仇になって、アパート入り口の段差の角が欠けたのに気が付かずにいたら、入居者がそこに足を引っかけて転んだんだそうです。

その入居者がお年寄りだったこともあり、骨にひびが入ったということで、身寄りの人から賠償を要求されたそうなのです。

もしためらわずに、最初から賠償責任保険をかけていれば、逆に出費は少なく済んだのに、と反省しきりでした。

 

これは他人ごとではない、と改めてあちこちの保険会社のこの手の保険を調べてみましたら、かなり少ない掛け金で入れることがわかりました。

火災保険の方の特約でとも考えたのですが、単独で大変に負担の少ない賠償責任保険を見つけましたので、そこに入ることにしました。

掛け捨て覚悟でしたが、でも何かあった時のためのものが保険です。節約とケチとは違います。

損して得取れ、という言葉もあります。思い切って保険に入りました。

その後ちょっとしたことで共有部分の給水管にトラブルが起き、入居者の部屋に水漏れがあったのです。

家具にも水がかかりましたし、床も水のシミができました。

これら全て補償ということで、賠償責任保険を請求したのです。かけておいてよかった、結果的に節約になったと思ったものです。

実際、どんな新築のアパートでも、だんだんと老朽化していきます。大きな出費をしないために、節約のためにも施

設賠償責任保険は入るのがおすすめですね。

 

》》》地震保険・火災保険を活用して、大家さんのお金の悩みを解決する《《《

 

投資と資金繰り
投資やビジネスにおける資金繰りの順序を考える

地震保険や火災保険の活用事例を、現役大家さんから学ぼう!
火災保険を活用した外壁塗装・屋根補修工事
地震・火災保険を、わたしはこう活用した

不動産投資を成功させるコツを現役大家さんから学ぶ!
アパートを1棟を購入してみての感想
不動産投資は管理会社次第!
不動産投資を成功させるには業者とのチームワークが大事

迷惑な入居者から不動産物件を守る
迷惑入居者を大家自らが退去
家賃滞納者を司法書士に依頼し退去させるまで

不動産投資とリスクを体験談から学ぶ
不動産投資にまつわる苦労、親戚付き合いに近所付き合い
不動産投資は長い目で考えなくてはならない
不動産投資を続ける為のリスク回避について
不動産投資にトラブルはつきもの
入居者に喜んで貰える大家さんになるには

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について