台風19号による越水・決壊での建物損壊はお見舞い金の支給対象となる可能性があります

 

会社・店舗・自宅・倉庫などが台風19号により損壊した場合、保険会社より支払われるお見舞い金を受け取れる可能性があります。

現在ご加入されている火災保険・地震保険の契約内容によりますので、保険証券のご確認をお願い致します。

 

詳細に関しては『地震保険・火災保険の活用法をとにかくザックリと説明すると』のページをご確認頂く事になりますが、台風被害があからさまな場合は、申請が認められやすい傾向にありますので、ご自身の生活の復興にお役立てください。

完全成果報酬制にて対応しておりますのでご安心頂けます。

建物の被害状況の調査・報告書の作成などを無料にて行わせて頂き、保険会社からのお見舞い金の支給(入金)がありました段階にて、所定の手数料(入金額の35%(税別))を協会へ支払う。完全成果報酬なので認定されず入金が無い場合は支払う必要がありません!

 

また、神奈川県の武蔵小杉近辺や、東京都田園調布近辺など、建物の損壊を伴わない浸水被害に関しましては、浸水被害に対応した契約が必要な場合もございますので、併せて保険内容のご確認をお薦め致します。

 

被災された方々の生活が一日も早く元に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

火災保険の活用に関する手続きについて (※10/15日現在、混み合っております)

申請フォーム入力後、数日以内に協会から都合の合う日程調整での電話が来ます。
▼▼
日付を合わせて調査員と30分から1時間立会いしてください。
▼▼
事故調査報告書が届き次第、今度は、保険会社指定の鑑定人と立会い、認定されれば1週間〜1ヶ月程度で入金となります。
▼▼
入金後に所定の手数料(入金額の35%(税別))を協会へ支払う。完全成果報酬なので認定されず入金が無い場合は支払う必要がありません!

 

〉〉〉申請フォーム〈〈〈

 

上のような流れが一般的ですが、保険の契約内容や、物件によっては若干の違いもあります。

申請フォームでは、保険証書の写真をアップロードする事ができるので、質問がある場合は協会からの電話のときにでも確認をしても良いと思います。保険証書を確認できないと、契約内容が分かりませんから、協会としても質問に答えられない場合が多いと思いますしね。

調査員の来訪に伴う費用などはかかりません(無料診断)。保険会社に認定され給付金・お見舞い金があなたの口座に振り込まれたのを確認した後に、協会に入金額の35%を手数料として支払う(税別)のみです。完全成果型報酬ですから、認定されず入金が無かった場合は協会側への支払いは必要ありません。

 

〉〉〉申請フォーム〈〈〈

 

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について