FX自動売買の本当の目的

 

FXというと裁量トレードをイメージされる方も多いかもしれませんが、自動で売買するシステムもあります。

 

ただ、自動売買といっても、

 

自動で売買してくれるのは簡単そうだけれども、信用していいのか?
費用が高額にかかって、本当に儲かるのか

 

この様な疑問が色々と出てくると思います。

 

このブログでは数回に渡って、自動売買がどういった仕組みで運営されているのかを、他のブログとは違った視点で解説していきます。

 

そしてさらに、自動売買で儲けを出している人が実は少数で、儲かっている人と儲かっていない人の差がとてつもなく大きく開いていることも解説していきます。

 

なぜ自動売買をするの?

 

FXというと自分でトレードをするというイメージを持つ方が大半かと思います。いわゆる裁量トレードです。

 

裁量というとテクニカルの知識が必須で、しかも、テクニカルの知識があるからといっても、儲かるわけではありません。

 

たいていの裁量トレーダーはどこかで退場していきます。

 

1年後に生き残っているトレーダーは約10%。
2年後に生き残っているトレーダーは10%×10%で、約1%。

 

専業や副業を問わず、ほとんどのトレーダーは退場する運命なのです。

つまり、それだけのトレーダーを惹き付けておきながらも生き残るのが難しいのがFXという世界なのですね。

 

FXとはちょっと違いますが、株の世界でもとある著名な方が売買を繰り返して44億円の損失を出されているようです(某有名女優さんとの交際で話題のあの方です)。(2020年9月6日)

 

そもそもが、相場の世界で生き残る事は本当に難しく、そこに自動売買の入る隙間があるわけですね。

 

もっと〇〇しておけば良かった
環境認識があまかった
あそこで損切りしておけば良かった

 

たいていのトレーダーが、あの時にああしておけば退場せずに済んだ、と考えます。

 

自分に力が無かったとは考えず、ちょっとしたタイミングを逃したがために損をした(あるいは、取れたはずの利益を逃した)と考えます。

 

要するに、自分の力でもなんとかなったはずだと考えるのです。そもそもが、自分の力で稼ごうとして相場の世界に参入してくるのですから、当然と言えば当然。

 

そして、そのタイミングに都合よく入ってくるのが自動売買だったりもします。

 

設定されたルール通りに売買する

つまり、感情を排除し、自動的に売買をしてくれる。

これなら、なんとかなるんじゃないか。

 

しかも、自動売買なので24時間動いてくれる。

 

 

つまり、自動売買とは、負けトレーダーの思いを体現してくれる便利なツールであるわけです。

 

これは裏を返すと、自動売買とは負けトレーダーに相場から退場させないためのツールとも言えるわけですね。

FXブローカーからしてみれば、同じお客さんからまた手数料を取ることができ、

出金すらさせない無名詐欺ブローカーからしてみれば、手数料だけでなく、入金されたトレード資金すら丸々頂く事ができるの手段でもあるわけです。

 

FX自動売買とは、

相場の世界から退きたくないという投資家のニーズを満たしつつ、

相場の世界から投資家を遠ざけたくないというブローカー側のニーズも満たす、

そういったツールと言えるんですね

 

つづく

無料で投資・金融情報を配信中!

台風19号被災における早期復興の為の火災保険の活用について